高齢者の引きこもり防止!? それともギャンブル依存者を増やす!? デイサービスにカジノは必要か?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 厚生労働省の研究班が昨年8月に発表した統計によると、パチンコや競馬といったギャンブルに依存している人は約536万人。これは成人人口の4.8%。「ラスベガス」をはじめギャンブル型のレクリエーションを取り入れたデイサービス施設はすべて、疑似通貨を使い、施設外でそれを使うことはしていない。

 とはいえ利用者がデイサービス施設で覚えたゲームの興奮が忘れられず、実際の遊戯施設でギャンブルにのめり込んでしまうケースも出てきている。大手パチンコチェーンが運営する神戸市の介護施設では、入所者を自社のパチンコ店に連れ出して遊んでいたことが問題になったことがある。

 日刊サイゾーに、その施設の元入所者を父に持つ息子のコメントが記されている(「パチンコ業者の介護ビジネスがヤバすぎる! 老人を無料体験で依存させ、貯金を搾り取る手口とは」2015.10.09)。

 「一度もパチンコをやったことがなかった父が突然、パチンコをやるための金が欲しいと言い出した。調べたら本人が持っていた約400万円の貯金がゼロになっていて、パチンコに使ったと言われた」

 こうしたことから、神戸市は9月、パチンコや麻雀などの遊技をデイサービス業者がレクリエーションとして利用することを規制する条例改正案を全国で初めて可決。「射幸心を煽る恐れのある遊技を常時行わせる」「賭博や風俗営業を連想させる広告を掲示する」「疑似通貨を使用しない」などとし、改善の指導に従わない場合、介護事業所の指定を取り消すとした。

 施設に通ったばっかりに、人生の終盤になってギャンブル依存になってしまったら悲惨だとしかいいようがない。だからある程度の法の網は必要だ。
(文=編集部)

幹細胞治療でCOVID-19の重症化抑制と予防の可能性
『新型コロナに対する幹細胞治療が注目』後編  スタークリニック院長竹島昌栄医師

前編『新型コロナ治療の救世主となるか 幹細胞治療の成果に注目』

いまだ世界的に猛威を振るう新型コロナウイルス。その治療薬やワクチン開発が進む中、注目を集めているのが幹細胞による治療だ。幹細胞治療に詳しいスタークリニックの竹島昌栄院長に話を聞いた。

nobiletin_amino_plus_bannar_300.jpg
Doctors marche アンダカシー
Doctors marche

(医)スターセルアライアンス スタークリニック …

竹島昌栄

ジャーナリスト、一般社団法人日本サプリメント協会…

後藤典子

大阪大学大学院言語文化研究科教授。米国ウィスコン…

杉田米行