連載「恐ろしい危険ドラッグ中毒」第16回

危険ドラッグ患者を診察した際、医師は警察や行政機関に通報すべきか?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 危険ドラッグ使用患者のトリアージ(尿などを検査して麻薬が含まれているかの検査法)を行った結果、陽性であり、症状が重症かつ危険ドラッグ依存性の強い可能性のあると判断した患者(複数回、長期間の使用者)に対しては、医師が警察や行政機関に通報すべきではなかろうか。 
 
 医師が危険ドラッグ患者を警察や行政機関に通報する主な目的は、危険ドラッグに関する捜査に役立てることよりもさることながら、都道府県の薬務課職員(麻薬取締員)が患者と面会して調査を行うことで、治療や保護措置なといった患者の今後の適切な方向性に役立てることができることが大きい。また、自傷や他害の恐れの強い疑いのある患者に対しては、さらなる障害や災害を防ぐことにもなろう。患者と社会にとってより良い環境を作り出すことになる。 

 警察が介在することにより、危険ドラッグや患者の尿、血液から、その成分を科学捜査研究所(科捜研)でさらに詳しく分析することができるようにもなる。鑑定結果を集積し、患者の臨床症状とも照合して、危険ドラッグに対する今後の臨床的、社会的な対応に役立てることが可能であろう。

 しかし残念ながら、科捜研での分析結果は、捜査上の極秘事項として担当医には伝達されるケースはほとんどない。科捜研と医療機関の患者を中心とした総合的な協力で、より良い危険ドラッグへの対策が打ち出されることを期待する。 


連載「恐ろしい危険ドラッグ中毒」バックナンバー

横山隆(よこやま・たかし)

小笠原記念札幌病院腎臓内科。日本中毒学会認定クリニカルトキシコロジスト、日本腎臓学会および日本透析学会専門医、指導医。
1977年、札幌医科大学卒、青森県立病院、国立西札幌病院、東京女子医科大学腎臓病総合医療センター助手、札幌徳洲会病院腎臓内科部長、札幌東徳洲会病院腎臓内科・血液浄化センター長などを経て、2014年より札幌中央病院腎臓内科・透析センター長などをへて現職。
専門領域:急性薬物中毒患者の治療特に急性血液浄化療法、透析療法および急性、慢性腎臓病患者の治療。
所属学会:日本中毒学会、日本腎臓学会、日本透析医学会、日本内科学会、日本小児科学会、日本アフェレシス学会、日本急性血液浄化学会、国際腎臓学会、米国腎臓学会、欧州透析移植学会など。

横山隆の記事一覧

横山隆
難治性むちうち症からなぜ多くの不定愁訴がおきてしまうのか?
難治性のむちうち症を改善 後編 東京脳神経センター 整形外科・脊椎外科部長 川口浩医師

前編『画像診断できない難治性のむちうち症を独自の治療法で改善』

原因不明で治療法がなく多くの患者さんが回復をあきらめていた難治性のむちうち症。東京脳神経センターで進む独自の治療で、めまい、動機、吐き気などの全身症状やうつ症状などの不定愁訴が大幅に改善しているという。その具体的な成果についてお話を伺った。

nobiletin_amino_plus_bannar_300.jpg
Doctors marche アンダカシー
Doctors marche

医療法人社団 顕歯会 デンタルみつはし 理事長…

三橋純

近畿大学理工学部生命科学科ゲノム情報神経学准教授…

西郷和真

小笠原記念札幌病院腎臓内科。日本中毒学会認定クリ…

横山隆