連載第12回 健康って何だ?~フィットネス道の探求~

話題の「ファンクショナル」は、誤解された“知識の伝達”に陥っていないか?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 とても理にかなった、しかもわかりやすい原則だ。先人たちが培ってきたトレーニングの原理、原則に基づいており、私も一指導者として大いに共感できる。

 だが、現在の「ファンクショナル」ブームは、その言葉に躍らされていないだろうか。前述した定義、雑誌やネットの情報だけで理解したつもりになっていないだろうか。

 「ファンクショナル=機能的な身体=余計な筋肉をつけない動きやすい身体」という、いささか方向性が違う説明になっているものも散見する。

 元来、筋肉は簡単に“つく”ものではない。何の目的や行動に対して機能的なのか。そんな根本的な部分でさえ、議論されていない気がする。動きだけを見よう見まねした、ただのモノマネになってしまう。

フィットネス情報のリテラシーをもつように

 つまり、ファンクショナルトレーニング限らず、「○○トレーニング」がうたう効果も、情報を提供する際の説明不足によって、誤解された“知識の伝達”に陥ってしまっているケースは少なくない。

 流行り廃りに左右され、基本(トレーニングの原理原則)をおろそかにした情報をうのみにせず、フィットネス情報のリテラシーをもつように心掛けてもらいたい。

 健康やフィットネスにかかわるさまざまな情報があふれる現代だからこそ、健康づくりのプロフェッショナル、身近な指導者の存在価値がある。


連載「健康って何だ?~フィットネス道の探求~」バックナンバー

HIVも予防できる 知っておくべき性感染症の検査と治療&予防法
世界的に増加する性感染症の実態 後編 あおぞらクリニック新橋院内田千秋院長

前編『コロナだけじゃない。世界中で毎年新たに3億7000万人超の性感染症』

毎年世界中で3億7000万人超の感染者があると言われる性感染症。しかも増加の傾向にある。性感染症専門のクリニックとしてその予防、検査、治療に取り組む内田千秋院長にお話を伺った。

nobiletin_amino_plus_bannar_300.jpg
Doctors marche アンダカシー
Doctors marche

あおぞらクリニック新橋院院長。1967年、大阪市…

内田千秋

(医)スターセルアライアンス スタークリニック …

竹島昌栄

ジャーナリスト、一般社団法人日本サプリメント協会…

後藤典子