「香りとヨガ」の組み合わせがストレス解消、さらにうつ病にも効く?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 東京・西東京市の北山クリニック(心療内科・精神科)は、心療内科では珍しいヨガを取り入れたリラクゼーションスペースをもつ。北山徳行院長は、ヨガを取り入れた理由についてこのように話す。

 「うつ状態の人は不安や緊張に伴って動悸や頭痛、めまい、胃腸症状など、自律神経系のバランスが崩れている。精神と肉体は自律神経系を介して常に連動しているから、気分をリラックスさせることで心身のバランスがとれる」

 「リラックスの方法は数多くあるが、なかでもヨガは世界中に愛好者がいる。体を動かす楽しさと習得の容易さ、アクセスのしやすさ、バリエーションの豊富さなど利点も多い」

 北山クリニックが主宰するリラクゼーションスペース「想舞(そうぶ)」では、毎週土曜日ヨガと香りを組み合わせた「ハーブヨガ教室」を開催している。

 ヨガによるストレッチや瞑想に加えて、ハーブの香りをかぐことで、さらに有効性の高いリラクゼーションが期待できるのではないかと考えての試みだ。

 「リラックスの方法を知っている人は、心の病にもなりにくい。患者さんからは気持ちが穏やかになった、不安や緊張感にとらわれなくなったという声を聞く」と北山院長。

ハーブの科学的な実証はこれから

 香り自体の心地よさに、気分を和らげる作用があることはよく知られている。ヨガでも、瞑想を深めるためのアイテムのひとつとして用いられている。

 「一般的には、ハーブはうつ病などに効果があるとうたわれているが、科学的な実証はこれから」。同クリニックは補助療法として「ハーブヨガ」の実績を積んでいる最中だ。

 仕事と家事に振り回され、精神的な重圧を感じることも多いという40代女性は、レッスンに通い始めて「体はスリムに、気持も明るくなった」と実感しているという。
(文=編集部)

リラクゼーションスペース「想舞」
毎土曜日午前10:30~11:30・初心者向けリラクゼーション。12:00~13:00・ヨガ経験者向けアクティブクラス。1レッスン1800円(ヨガマット、レンタルウェア、ハーブティー付)。東京都西東京市ひばりケ丘1-4-3ケイアイビル2F、電話042-438-6021。予約はwebから。http://rs-so-bu.com

胃の不快感の多くは実は「機能性ディスペプシア」という病気
日本初の『胃弱外来』開設」後編:巣鴨駅前胃腸内科クリニック・神谷雄介院長

前編『大病院を転々した末にたどり着く「胃弱外来」 初診から約1カ月で8割の患者の症状が改善』

胃痛やもたれ、むかつきなどの症状があっても、検査の結果異常がないと診断され悩みを抱える患者さんが少なくない。こうした胃の悩みを抱える人たちのために開設したのが胃弱外来。患者さんの多くは新しく認知された『機能性ディスペプシア』や『胃食道逆流炎症』などの疾患だ。その具体的な治療法について話を伺った。

Doctors marche アンダカシー
Doctors marche

くにたち駅前眼科クリニック院長。1986年、東京…

高橋現一郎

近畿大学理工学部生命科学科ゲノム情報神経学准教授…

西郷和真

フィットネスアドバイザー。JT東京男子バレーボー…

村上勇