シリーズ「傑物たちの生と死の真実」第9回

当初は西洋医学を否定! スティーブ・ジョブズが膵臓がんに立ち向かった8年の闘病

この記事のキーワード : 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 予告もなしに突然、価値観や方針を180度変える。信念のない意見やアイデアは無視する。人のアイデアを鼻であしらい、1週間後に「素晴らしいアイデアを思いついた!」と平然と言い放つ――。

 ジョブズは、現実歪曲空間と呼ばれる。アップル復帰後、社員は次々とリストラされ、「スティーブされる(クビになる)」がスラングになる。神がかりな創造力や闘争本能丸出しの独裁者ぶりは、シリコンバレーで恐れられ、完璧主義による強引な経営は批判も受けている。日本のPCメーカーを「海岸を埋めつくす死んだ魚」と辛辣にこき下ろした時もある。

 だが、ジョブズは「Think Different!(発想を変えよ!)」を終生、貫く。ハードとソフト(OS)を融合した垂直統合モデルの追求、グローバルな付加価値の創造、価格競争へのチャレンジ、ブランド志向の強いユーザの信頼づくりにこだわる。部下に高い目標を示し、超人的なリーダーシップを見せる。ライバル企業の経営者らをも魅了する人間性臭さが身上だった。

 若い頃から禅に傾倒。日本の文化に造詣が深く、家族と京都などをたびたび訪れた。ソニーの盛田昭夫の訃報に接した時は、追悼の意を表しつつ、トランジスタラジオ、トリニトロン、ウォークマンの開発に多大な影響を受けたと発言。ボブ・ディランやジョン・レノンの大ファンでもあった。

 「もし今日死ぬなら、今日やろうとしていることを本当にやるか?」と問いかけたジョブズ。答えがNoなら「Think Different!(発想を変えよ!)」。ジョブズは、毎日が最後の日であるかのように生きながら、世界の見方を変え、人びとの意識を変え、生活のあり方を変えた。

 名声と挫折。成功と闘病。イノベーションと死。スティーブ・ジョブズの人生に移ろう光と影が見える。


佐藤博(さとう・ひろし)
大阪生まれ・育ちのジャーナリスト、プランナー、コピーライター、ルポライター、コラムニスト、翻訳者。同志社大学法学部法律学科卒業後、広告エージェンシー、広告企画プロダクションに勤務。1983年にダジュール・コーポレーションを設立。マーケティング・広告・出版・編集・広報に軸足をおき、起業家、経営者、各界の著名人、市井の市民をインタビューしながら、全国で取材活動中。医療従事者、セラピストなどの取材、エビデンスに基づいたデータ・学術論文の調査・研究・翻訳にも積極的に携わっている。

胃の不快感の多くは実は「機能性ディスペプシア」という病気
日本初の『胃弱外来』開設」後編:巣鴨駅前胃腸内科クリニック・神谷雄介院長

前編『大病院を転々した末にたどり着く「胃弱外来」 初診から約1カ月で8割の患者の症状が改善』

胃痛やもたれ、むかつきなどの症状があっても、検査の結果異常がないと診断され悩みを抱える患者さんが少なくない。こうした胃の悩みを抱える人たちのために開設したのが胃弱外来。患者さんの多くは新しく認知された『機能性ディスペプシア』や『胃食道逆流炎症』などの疾患だ。その具体的な治療法について話を伺った。

Doctors marche アンダカシー
Doctors marche

くにたち駅前眼科クリニック院長。1986年、東京…

高橋現一郎

近畿大学理工学部生命科学科ゲノム情報神経学准教授…

西郷和真

フィットネスアドバイザー。JT東京男子バレーボー…

村上勇