シリーズ「再生医療の近未来」第4回

パーキンソン病の再生医療――ES細胞とiPS細胞によるドーパミン産生細胞を脳に移植

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 しかし、近年のES細胞やiPS細胞の研究の成果が、パーキンソン病克服への第一歩を踏み出すチャンスを作った。パーキンソン病の細胞治療は、どのような状況だろうか?

 京都大学iPS細胞研究所の高橋淳教授によれば、ES細胞とiPS細胞からドーパミン産生細胞を作り、パーキンソン病の症状を示したカニクイザルに移植したところ、ほとんど動けない状態から、動き回れる状態まで回復した。ドーパミン産生細胞も定着し、その効果は、約1年間持続した。動物実験の最終段階を迎えている。

 ES細胞とiPS細胞から分化させたドーパミン産生細胞を使って脳に移植するというパーキンソン病の細胞治療。問題点はないのか?

 治療のメカニズムが明確なので効果が大きく期待できるが、治療に必要な細胞数は、前回話した眼球内の細胞移植で使う網膜色素細胞(10万個)より多い100万個に上るのは、課題かもしれない。

 移植の副作用として、細胞を移植時に他の神経伝達物質の細胞が混入して、がん化したり、不随意運動やジスキネジア(異常運動症)を引き起こす恐れがある。だが、カニクイザルを使った実験では、がん化は起きていない。万一起きた場合は、放射線治療や切除で対処できる。

 また、計画されているドーパミン産生細胞の脳への移植は、目の中とは異なり、細胞の変化を直接観察できないため、MRI(核磁気共鳴画像法)などの画像診断装置による検査が必要になる。

 来年早々、臨床研究に着手できれば、患者の募集や移植に使うドーパミン産生細胞を産出する準備段階に入る。さらに、臨床研究が伸展すれば、保険適用をめざして、医薬品医療機器法(旧薬事法)に基づく臨床試験(治験)を2018年度内にスタートするメドも立つだろう。

 この7月、新たな動きがあった。大日本住友製薬が日立製作所や京都大学iPS細胞研究所と共同でiPS細胞を使ったパーキンソン病の治療法の実用化研究を始めると発表。患者へ移植するドーパミン産生細胞の大量作製技術などの開発に取り組むという。

 今年に入り、ES細胞とiPS細胞の研究にますます弾みがつき、強い追風が吹き始めた。臨床研究の射程内に入ったパーキンソン病の細胞治療に期待したい。


佐藤博(さとう・ひろし)
大阪生まれ・育ちのジャーナリスト、プランナー、コピーライター、ルポライター、コラムニスト、翻訳者。同志社大学法学部法律学科卒業後、広告エージェンシー、広告企画プロダクションに勤務。1983年にダジュール・コーポレーションを設立。マーケティング・広告・出版・編集・広報に軸足をおき、起業家、経営者、各界の著名人、市井の市民をインタビューしながら、全国で取材活動中。医療従事者、セラピストなどの取材、エビデンスに基づいたデータ・学術論文の調査・研究・翻訳にも積極的に携わっている。

難治性むちうち症からなぜ多くの不定愁訴がおきてしまうのか?
難治性のむちうち症を改善 後編 東京脳神経センター 整形外科・脊椎外科部長 川口浩医師

前編『画像診断できない難治性のむちうち症を独自の治療法で改善』

原因不明で治療法がなく多くの患者さんが回復をあきらめていた難治性のむちうち症。東京脳神経センターで進む独自の治療で、めまい、動機、吐き気などの全身症状やうつ症状などの不定愁訴が大幅に改善しているという。その具体的な成果についてお話を伺った。

nobiletin_amino_plus_bannar_300.jpg
Doctors marche アンダカシー
Doctors marche

大阪大学大学院言語文化研究科教授。米国ウィスコン…

杉田米行

一般社団法人日本薬業研修センター漢方講座執筆・編…

笹尾真波

新宿大腸クリニック院長。1988年、東京大学医学…

後藤利夫