飲みかけのペットボトルを放置すると細菌が大増殖! 夏場は超危険

この記事のキーワード : 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

口飲み後はできるだけ早く、少なくとも当日中に飲み切る

 この研究結果から得られるヒントとしては、まずペットボトルの水を購入する場合、天然水よりもRO水を選ぶことが安全だということ。ただし、店頭のウォーターサーバーなどで配布している純水などは、持参した専用ボトルに雑菌が繁殖していると意味がない。あくまでペットボトル飲料として製品化されたものを選びたい。

 また、一度口をつけたペットボトルは、菌の温床となる。特に食事中に口飲みをした場合、口内や食品に含まれる菌がボトルの中に入ることは覚えておきたい。そして、温度が高くなるにつれて菌が増殖する。ただし、5度の温度で保存した場合には、さほど菌数は変化しないという実験結果がある。

 ペットボトル飲料は、できるだけ口飲みは避け、コップに注いで飲むのがベストだ。どうしても難しい場合には、一度口をつけたら冷蔵庫で保存し、できるだけ早く飲み切るのをおすすめする。特に夏場は注意したい。
(文=編集部)

難治性むちうち症からなぜ多くの不定愁訴がおきてしまうのか?
難治性のむちうち症を改善 後編 東京脳神経センター 整形外科・脊椎外科部長 川口浩医師

前編『画像診断できない難治性のむちうち症を独自の治療法で改善』

原因不明で治療法がなく多くの患者さんが回復をあきらめていた難治性のむちうち症。東京脳神経センターで進む独自の治療で、めまい、動機、吐き気などの全身症状やうつ症状などの不定愁訴が大幅に改善しているという。その具体的な成果についてお話を伺った。

Doctors marche アンダカシー
Doctors marche

医療法人社団 顕歯会 デンタルみつはし 理事長…

三橋純

近畿大学理工学部生命科学科ゲノム情報神経学准教授…

西郷和真

小笠原記念札幌病院腎臓内科。日本中毒学会認定クリ…

横山隆