飲みかけのペットボトルを放置すると細菌が大増殖! 夏場は超危険

この記事のキーワード : 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

口飲み後はできるだけ早く、少なくとも当日中に飲み切る

 この研究結果から得られるヒントとしては、まずペットボトルの水を購入する場合、天然水よりもRO水を選ぶことが安全だということ。ただし、店頭のウォーターサーバーなどで配布している純水などは、持参した専用ボトルに雑菌が繁殖していると意味がない。あくまでペットボトル飲料として製品化されたものを選びたい。

 また、一度口をつけたペットボトルは、菌の温床となる。特に食事中に口飲みをした場合、口内や食品に含まれる菌がボトルの中に入ることは覚えておきたい。そして、温度が高くなるにつれて菌が増殖する。ただし、5度の温度で保存した場合には、さほど菌数は変化しないという実験結果がある。

 ペットボトル飲料は、できるだけ口飲みは避け、コップに注いで飲むのがベストだ。どうしても難しい場合には、一度口をつけたら冷蔵庫で保存し、できるだけ早く飲み切るのをおすすめする。特に夏場は注意したい。
(文=編集部)

胃の不快感の多くは実は「機能性ディスペプシア」という病気
日本初の『胃弱外来』開設」後編:巣鴨駅前胃腸内科クリニック・神谷雄介院長

前編『大病院を転々した末にたどり着く「胃弱外来」 初診から約1カ月で8割の患者の症状が改善』

胃痛やもたれ、むかつきなどの症状があっても、検査の結果異常がないと診断され悩みを抱える患者さんが少なくない。こうした胃の悩みを抱える人たちのために開設したのが胃弱外来。患者さんの多くは新しく認知された『機能性ディスペプシア』や『胃食道逆流炎症』などの疾患だ。その具体的な治療法について話を伺った。

Doctors marche アンダカシー
Doctors marche

くにたち駅前眼科クリニック院長。1986年、東京…

高橋現一郎

近畿大学理工学部生命科学科ゲノム情報神経学准教授…

西郷和真

フィットネスアドバイザー。JT東京男子バレーボー…

村上勇