医療ドラマ『死の臓器』で小泉孝太郎が直面した現実とは何だったのか?

この記事のキーワード : 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 この現状に眼を向ければ、何とかして使える臓器を増やし、移植の効率を上げることが必要だ。今回の米国での研究でも、「移植医学分野で比較臨床試験を行う基盤も整っていない」としながらも、可能性を必死で探る研究者の意思が伺える。修復腎移植(レストア腎移植)もそうした挑戦のひとつであったはずだ。

『死の臓器』のドラマの中で、移植学会の幹部が「使える腎臓なら戻せばいい」、「移植した修復腎からがんが転移する」などと反論していたが、実際の修復腎移植問題では医学的な根拠が希薄であることが次々と明白になっていった。日本臓器移植ネットワークや日本移植学会は現在何を改善し、どこへ向かおうとしているのか。まったく見えないのだ。
(文=編集部)

胃の不快感の多くは実は「機能性ディスペプシア」という病気
日本初の『胃弱外来』開設」後編:巣鴨駅前胃腸内科クリニック・神谷雄介院長

前編『大病院を転々した末にたどり着く「胃弱外来」 初診から約1カ月で8割の患者の症状が改善』

胃痛やもたれ、むかつきなどの症状があっても、検査の結果異常がないと診断され悩みを抱える患者さんが少なくない。こうした胃の悩みを抱える人たちのために開設したのが胃弱外来。患者さんの多くは新しく認知された『機能性ディスペプシア』や『胃食道逆流炎症』などの疾患だ。その具体的な治療法について話を伺った。

Doctors marche アンダカシー
Doctors marche

くにたち駅前眼科クリニック院長。1986年、東京…

高橋現一郎

近畿大学理工学部生命科学科ゲノム情報神経学准教授…

西郷和真

フィットネスアドバイザー。JT東京男子バレーボー…

村上勇