医療ドラマ『死の臓器』で小泉孝太郎が直面した現実とは何だったのか?

この記事のキーワード : 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 この現状に眼を向ければ、何とかして使える臓器を増やし、移植の効率を上げることが必要だ。今回の米国での研究でも、「移植医学分野で比較臨床試験を行う基盤も整っていない」としながらも、可能性を必死で探る研究者の意思が伺える。修復腎移植(レストア腎移植)もそうした挑戦のひとつであったはずだ。

『死の臓器』のドラマの中で、移植学会の幹部が「使える腎臓なら戻せばいい」、「移植した修復腎からがんが転移する」などと反論していたが、実際の修復腎移植問題では医学的な根拠が希薄であることが次々と明白になっていった。日本臓器移植ネットワークや日本移植学会は現在何を改善し、どこへ向かおうとしているのか。まったく見えないのだ。
(文=編集部)

難治性むちうち症からなぜ多くの不定愁訴がおきてしまうのか?
難治性のむちうち症を改善 後編 東京脳神経センター 整形外科・脊椎外科部長 川口浩医師

前編『画像診断できない難治性のむちうち症を独自の治療法で改善』

原因不明で治療法がなく多くの患者さんが回復をあきらめていた難治性のむちうち症。東京脳神経センターで進む独自の治療で、めまい、動機、吐き気などの全身症状やうつ症状などの不定愁訴が大幅に改善しているという。その具体的な成果についてお話を伺った。

Doctors marche アンダカシー
Doctors marche

医療法人社団 顕歯会 デンタルみつはし 理事長…

三橋純

近畿大学理工学部生命科学科ゲノム情報神経学准教授…

西郷和真

小笠原記念札幌病院腎臓内科。日本中毒学会認定クリ…

横山隆