特集「ネットと自殺予防」第2回

電話で精神科の予約ができない若者を「ネットからリアル」につなぐ自殺防止法

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 「精神科にアクセスできない理由として、もっと現実的なこともあります。電話が苦手で、受診の予約をすることができないというのです」

 メールとネットが主なコミュニケーション手段となっている若い世代のなかには、知らない相手が出る固定電話に連絡して、受診の予約を取ることとても困難に感じてしまう人もいる。そういう人のために、OVAでは実際に問い合わせの電話で話すべき内容を文章化し、メールで送ることもある。「初診なのですが、今週空きはありますか」といった内容だ。

 「20代の若者のなかには、大人ときちんと話した経験に乏しい人がいる。彼らのコミュニケーション手段は、LINEやFacebook、Twitterなどのテキストベースのものが主流です。そういう人は、行政が相談窓口の電話番号を用意しても、なかなか電話をかけてくることができない。それでも、メールでアクセスできるOVAならつながることができる。それが"インターネットによる自殺予防を行っている、我々の存在価値のひとつだと思うんです」

 そして、伊藤さんがOVAの活動で大事にしているのが、入り口はネットであっても、その人とやり取りをすることで、精神科医や支援機関など、その人が現実社会でつながれる場所を見つけるように導くことだ。"ネットからリアル"につなぐ。それこそが、インターネットで自殺を防ぐことを支援する最大の目的なのである。
(文=里中高志)

里中高志(さとなか・たかし)
1977年生まれ。早稲田大学第一文学部卒。大正大学大学院宗教学専攻修了。精神保健福祉士。フリージャーナリスト・精神保健福祉ジャーナリストとして、『サイゾー』『新潮45』などで執筆。メンタルヘルスと宗教を得意分野とする。著書に精神障害者の就労の現状をルポした『精神障害者枠で働く』(中央法規出版)がある。

難治性むちうち症からなぜ多くの不定愁訴がおきてしまうのか?
難治性のむちうち症を改善 後編 東京脳神経センター 整形外科・脊椎外科部長 川口浩医師

前編『画像診断できない難治性のむちうち症を独自の治療法で改善』

原因不明で治療法がなく多くの患者さんが回復をあきらめていた難治性のむちうち症。東京脳神経センターで進む独自の治療で、めまい、動機、吐き気などの全身症状やうつ症状などの不定愁訴が大幅に改善しているという。その具体的な成果についてお話を伺った。

nobiletin_amino_plus_bannar_300.jpg
Doctors marche アンダカシー
Doctors marche

医療法人社団 顕歯会 デンタルみつはし 理事長…

三橋純

近畿大学理工学部生命科学科ゲノム情報神経学准教授…

西郷和真

小笠原記念札幌病院腎臓内科。日本中毒学会認定クリ…

横山隆