東方神起・ユンホの徴兵&MERSのWショックで、今週末のソウルは騒然!!

この記事のキーワード : 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 去る4月2日、ユンホは、東京ドームライブツアー最終日に「これをいつ言うかずっと悩んでいたんですけど、実は東方神起の単独ライブツアーでは、しばらく会えないと思うんです」と活動休止を匂わせていた。7月に東京・大阪で催される所属事務所の合同ライブ・SMTOWN LIVEの公式ホームページでは、東方神起の出演を明記しているが、一部アーティストの兵役日程によって、出演者を変更する可能性があるとも釈明している。

 一方、27歳(数え年28歳)のチャンミンの入隊は不明だ。ユンホと同時期に入隊すれば、東方神起の活動休止期間は最短になるだろう。ユンホ不在の東方神起。チャンミンは、どうするのだろうか? 音楽のソロ活動はもちろんだが、日本映画『黄金を抱いて翔べ』にも出演しているので、俳優への期待も高まる。

 いずれにしても、20代後半から 30代前半にかけて、東方神起の活動休止は避けられない。復帰は最短でも2017年。チャンミンの入隊のタイミングがずれれば、2018~2020年頃になる。

 ユンホは、5月16日、日本で公開された映画『国際市場で逢いましょう』にが出演している。韓国では歴代2位の1425万人を動員し、興行収入1108億ウォン(121億円)を稼ぐ空前の大ヒット作だ。朝鮮戦争、国民儀礼、西ドイツ派遣、ベトナム戦争などの激動の歴史を目撃し、家族のために生きた男の一途な生涯を描く。韓国版『ALWAYS 三丁目の夕日』ともいわれる名作だ。本作でユンホは、ベトナム戦争に出兵した実在の歌手ナム・ジン役を好演している。

 「日本でもたくさんの人が見てくれていると聞き、本当に嬉しく思います。僕のシーンはタイで撮影しました。大変な撮影でしたが、本作に出演させていただいたことで、すごく成長したと思います。特に銃アクションとか爆発などの戦闘シーンの撮影は大変でしたが、俳優として素晴らしい経験でした。ご覧になった方は、ご両親、ご友人にもぜひ勧めてください!」というユンホのメッセージが熱い。

 K-POPに限らず、韓国の芸能界にとっては、スターたちの兵役は大きなハードルになる。人気最高潮の20代の2年間、活動不能になれば、収益的にも人気度でも大きなダメージを受けるからだ。

 だが、韓国の芸能界は、スターたちの兵役を乗り切ってきた。例えば、SUPER JUNIOR。メンバーは11人のうち3人は除隊、3人は入隊中、5月に1人が除隊。今年の下半期に9人で活動する予定だ。SUPER JUNIORは、あえてグループの人数を多くし、メンバーが順番に入隊・除隊して活動を続けているのだ。

 一方、1998年にSMエンタテイメントからデビューし、90年代後半から2000年代前半のK-POPシーンをリードした6人組グ ループの神話(シンファ)はどうか? 2007年まで活動したものの、メンバーが20代後半に差しかかる2008年から次々と兵役に就き、2012年までに全員が除隊。約4年間のブランクを置いて活動を再開した。つまり、20代後半から30代前半までの期間は、兵役のため活動できなかったことになる。現在、メンバーが30代半ばにさしかかった神話は、韓国の芸能界に多大な貢献を印して、最長寿アイドルグループとして不動の評価を受けている。同じグループで活動を再開できたのは稀なケースだ。

 ファンにとって徴兵は辛い。除隊を待つ日々は長い。だが、韓国の芸能界は、徴兵をビジネスチャンスと捉えている。入隊も除隊も一大イベントになり、大いに盛り上がる。韓流スターたちにとっては、メディアやファンの注目と関心を刺激できる、願ってもないビッグチャンスだからだ。

 20代の貴重な時間を国の守りに捧げる21カ月。除隊を迎えたユンホとチャンミンのピース!! は、いつ見られるのだろうか。
(文=編集部)

難治性むちうち症からなぜ多くの不定愁訴がおきてしまうのか?
難治性のむちうち症を改善 後編 東京脳神経センター 整形外科・脊椎外科部長 川口浩医師

前編『画像診断できない難治性のむちうち症を独自の治療法で改善』

原因不明で治療法がなく多くの患者さんが回復をあきらめていた難治性のむちうち症。東京脳神経センターで進む独自の治療で、めまい、動機、吐き気などの全身症状やうつ症状などの不定愁訴が大幅に改善しているという。その具体的な成果についてお話を伺った。

nobiletin_amino_plus_bannar_300.jpg
Doctors marche アンダカシー
Doctors marche

大阪大学大学院言語文化研究科教授。米国ウィスコン…

杉田米行

一般社団法人日本薬業研修センター漢方講座執筆・編…

笹尾真波

新宿大腸クリニック院長。1988年、東京大学医学…

後藤利夫