遺伝子組み換え食品の表示をめぐる戦いは、アメリカで熱い!

この記事のキーワード : 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ひるがえって日本。こうした全米での表示義務化の動きはほとんど報道されることも無く、目の前に迫ったTPP交渉の結果次第では、大量にアメリカから入ってくる食品に関して、遺伝子組み換え食品の表示をしなくてもいいという条件さえ突きつけられそう状況だ。

 毎日食べているものがどんなものなのか、遺伝子組み換え食品が使われているのかいないのか、われわれは何も知ることも出来ない。あるいはほとんど選択の自由を奪われている。

 遺伝子組み換え食品の安全性が不明であっても、少なくとも消費者には「知る権利」がある。遺伝子組み換え食品を消費するかどうかは個人が決定できるべきだ。消費者庁、農林水産庁、厚生労働省、これらの組織の中に遺伝子組み換えの表示基準や義務をしっかりと検討すべきという思考は生じ得ないのか? 
(文=編集部)

難治性むちうち症からなぜ多くの不定愁訴がおきてしまうのか?
難治性のむちうち症を改善 後編 東京脳神経センター 整形外科・脊椎外科部長 川口浩医師

前編『画像診断できない難治性のむちうち症を独自の治療法で改善』

原因不明で治療法がなく多くの患者さんが回復をあきらめていた難治性のむちうち症。東京脳神経センターで進む独自の治療で、めまい、動機、吐き気などの全身症状やうつ症状などの不定愁訴が大幅に改善しているという。その具体的な成果についてお話を伺った。

Doctors marche アンダカシー
Doctors marche

医療法人社団 顕歯会 デンタルみつはし 理事長…

三橋純

近畿大学理工学部生命科学科ゲノム情報神経学准教授…

西郷和真

小笠原記念札幌病院腎臓内科。日本中毒学会認定クリ…

横山隆