インタビュー  早期発見でほとんどが助かる大腸がん。内視鏡検査が最善策 第1回 新宿大腸クリニック 後藤利夫院長

まったく痛くなく、便秘も解消される大腸内視鏡検査 技ありの専門医が語る大腸がんのすべて

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 女性は便秘に悩む人が少なくないが、大腸で便が滞(とどこお)ると悪玉菌によって腐敗が進み、毒性物質が増え大腸がんをひきおこすリスクがあるという。ここで耳寄りの話がある。大腸内視鏡検査を受けると、がんこな便秘が解消する例がよく見られるというのだ。

「検査の前には、マグネシウム下剤を飲んで腸内を空っぽにします。そして、検査後に乳酸菌製剤をたくさん飲むことで、腸内の善玉菌の比率を増やして腸内環境を改善することができます。検査前に環境が悪化していた方なら、まさに腸内革命と呼べる劇的な変化をいっきに起こすことができるのです。その結果、便秘が改善する方も多い」
 
 大腸内には、100兆個以上1000種類にも及ぶ菌が棲みついているが、善玉菌、悪玉菌、善にも悪にもなる日和見菌に分けられる。理想の比率は2対1対7といわれ、善玉菌の割合が少ないと、便秘、さらには免疫低下やがんにもつながるといわれている。

「そして、検査によって便秘が解消するもうひとつの理由は、内視鏡を挿入するときに、大腸の不自然なねじれなどが自然に矯正されて形が整い、便通がよくなるためです。たとえば肛門に近いS字結腸はループを描いていますが、これが普通と逆向きの方がいて、みなさん生まれながらの便秘に悩まされています。こういう方たちは、検査によって逆ループが改善されると、『生まれて初めて快便を体験しました』と非常に喜ばれます」
 
 このように、腸内環境の改善にも役立ち、また大腸がん撲滅の最も有効な方法となる内視鏡検査だが、受ける人はまだ、がん年齢者の4分の1程度だという。次回は、大腸がんの特徴と内視鏡検査の効果的な受け方について話を聞く。

後藤利夫院長インタビューバックナンバー


後藤利夫(ごとう・としお)

新宿大腸クリニック院長。1988年、東京大学医学部卒業。92年、東京大学附属病院内科助手。「大腸がん撲滅」を目標に独自の無麻酔・無痛大腸内視鏡検査法を開発。大腸内視鏡40000件以上無事故の大腸内視鏡のマイスター医師。一般社団法人・食と健康協会顧問。著作に『あなたの知らない乳酸菌力』(小学館)、『その便秘こそ大腸ガンの黄信号』(祥伝社)、『腸イキイキ健康法』(主婦と生活社)、『腸をきれいにする特効法101』(主婦と生活社)、『腸いきいき健康ジュース』など多数。大腸がんのインターネット無料相談も実施中。
新宿大腸クリニック
公式HP http://www.daicho-clinic.com

後藤利夫の記事一覧

後藤利夫
難治性むちうち症からなぜ多くの不定愁訴がおきてしまうのか?
難治性のむちうち症を改善 後編 東京脳神経センター 整形外科・脊椎外科部長 川口浩医師

前編『画像診断できない難治性のむちうち症を独自の治療法で改善』

原因不明で治療法がなく多くの患者さんが回復をあきらめていた難治性のむちうち症。東京脳神経センターで進む独自の治療で、めまい、動機、吐き気などの全身症状やうつ症状などの不定愁訴が大幅に改善しているという。その具体的な成果についてお話を伺った。

nobiletin_amino_plus_bannar_300.jpg
Doctors marche アンダカシー
Doctors marche

医療法人社団 顕歯会 デンタルみつはし 理事長…

三橋純

近畿大学理工学部生命科学科ゲノム情報神経学准教授…

西郷和真

小笠原記念札幌病院腎臓内科。日本中毒学会認定クリ…

横山隆