全国1500以上の施設で職員が高齢者を虐待!? 原因は人手不足と過重労働?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
abuse.jpg

認知症の利用者が被害に遭いやすい......sakai/PIXTA(ピクスタ)

 高齢社会の日本で、深刻さを増しているのが高齢者への虐待問題。2013年度に、特別養護老人ホームなどの介護施設で確認された虐待は221件。前年比で約43%増加し、7年連続で過去最多を更新している(厚生労働省調べ)。

 そして今年4月、過去3年間に「利用者への虐待があった」か「その能性がある」と答えた要介護者や高齢者を対象とする施設が、1500カ所以上に上ることが、NPO法人・全国抑制廃止研究会の調査で分かった。

国が把握する件数の10倍以上?

 同研究会では、今年の1~2月にかけて全国の特別養護老人ホーム(特養)、介護老人保健施設(老健)、グループホーム、サービス付き高齢者住宅など3万5000カ所余りの施設を対象に調査を実施。うち2割を超える9225カ所から有効回答があった。

 それによると、過去3年間で虐待が「明確にあった」と回答したのは461カ所。「あったと思う」と回答した施設と合わせると1510カ所となり、全体の16.8%を占めた。

「あった」「あったと思う」比率を施設の種類別に見ると、自宅復帰に向けてリハビリを行う老健が21.2%(196カ所)と最も高かった。続いて、特養が20.5%(511カ所)、認知症の人が共同生活するグループホームが18.0%(524カ所)だった。

 虐待が「あった」と答えた施設での発生件数は平均1.8件。「3件以上」という施設も63カ所に上った。虐待を受けた、あるいは受けたとみられる高齢者の人数を合計すると2203人になった。

 この回答は、国が自治体を通じて把握している虐待件数(2013年度で221件)をはるかに上回る。これについてNPOは、「虐待の多くが行政に届け出されないまま、明るみに出ないままになっている」と警鐘を鳴らす。

不法な身体拘束の実施も

 施設の職員数が「不十分である」と答えた施設のうち、虐待が「あった」「あったと思う」と回答したのは約23%。それに対して職員数が「十分」な施設では約12%。やはり、人手が足りない施設では、職員がストレスから暴力をふるったり、介護を怠ったりする傾向が強まるようだ。

 また、高齢者を車椅子にベルトで固定したり、手にミトンをはめたりする「身体拘束」は、回答施設の2割強が実施。特に重度の要介護者を受け入れている療養型病院では、7、8割が拘束をしていた。

 介護施設では「生命の危険がある」「拘束以外に方法がない」「一時的な手段」の3要件を満たす場合のみ、例外的に身体拘束が認められ、それ以外は虐待と判断される。しかし、今回の調査では拘束をしていた施設の約2割が、拘束を避ける方法がないかを事前に検討しないケースもあると回答していた。

 虐待が発生する最も深刻な背景は、やはり介護現場の人手不足と過重労働だろう。今年4月には介護報酬の2回目の引き下げが実施され、労働力不足に拍車がかかる恐れがある。一方、賃金の低さだけではなく、過酷な職場環境のなかで、いわゆる「燃え尽き症候群」となって離職していく人も多い。

 介護施設での虐待を防ぐには、認知症が進んだ高齢者にどう対処すればいいかなど、ノウハウの蓄積が重要になる。そのうえで専門性の高い介護者には、技術に見合う対価が払われるべきだ。質の高いサービスを望むなら、負担増は当然のこと。介護現場が破綻する前に、国民全体で考える問題ではないだろうか。
(文=編集部)

がんになってもあきらめない妊活・卵巣凍結 費用は卵巣摘出に約60万円、保管は年間10万円
インタビュー「がんでも妊娠をあきらめない・卵巣凍結」後編・京野廣一医師

がん患者への抗がん剤による化学療法は妊孕性(妊娠のしやすさ)を低下させる。がんにより妊娠が難しくなる患者を支援するため、2016年4月に「医療法人社団レディースクリニック京野」が、治療前に卵巣を凍結して保存しておく「HOPE(日本卵巣組織凍結保存センター)」を設立すると発表した――。医療法人社団レディースクリニック京野理事長の京野廣一医師に卵巣凍結の仕組みについて訊いた。
前編『「がん」になっても妊娠・出産をあきらめたくない女性のための「卵巣凍結」とは?』

2017年4月より、はるひ呼吸器病院(愛知県)病…

堤寛

理学療法士。日本で数年勤務した後、豪・Curti…

三木貴弘

近畿大学理工学部生命科学科ゲノム情報神経学准教授…

西郷和真