"アルコールハラスメント"は殺人罪!? 飲めても飲めなくても危ない急性アルコール中毒!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ちなみに「イッキ! イッキ!」は1985年の流行語大賞になっており、1980年代から30年余りの悪しき伝統。日本には「飲みニケーション」という、酒席で付き合いを深めるという習慣があった。家族との時間を犠牲にする、飲めない人がいたたまれない......などから、次第に薄れつつあるが、いまだに「大人の男は飲まなければコミュニケーションを取れない」と考えている人たちも少なくない。

 しかし、この「飲むのが当然。飲まない奴は空気が読めない、場を白けさせる奴」という考えが危ない。これが飲むことを断れない空気を作り、悲劇を招く。「一気飲みして、つぶれるまで飲むのが部の伝統。」などと、飲みつぶれることを前提に後輩に飲ませれば傷害罪。相手が死ねば傷害致死罪。その場にいて「イッキ」コールに参加すれば傷害現場助成罪。酔っぱらった者を適切に介護、救急車を呼ぶなどせずに、死なせてしまったら保護責任者遺棄致死罪。

「飲めないなら、本人が断ればいい。鼻をつまんで口に注ぎ込むわけじゃない。本人が飲んでいるんだから」

 飲み始めてから酔いを感じるまでは30分ていどかかる。つまり泥酔状態に陥るほど大量のアルコールを摂取した危険な状態でも「まだ飲める」と思ってしまう。そもそも「酔う」とは脳が麻痺した状態。つまり冷静な判断ができない。少し飲んで酔って頭が働かなくなっているところに、大量に飲んで、飲んだ分の酔いが回ってない段階で、さらに「飲める」と思って飲んでしまうから、脳が麻痺する危険な昏睡状態に陥る。

 昏睡状態まで行かなくても、酔いが進んだ状態で吐くことが危険。急性アルコール中毒による死亡の多くは、吐しゃ物による窒息死だ。足元がふらついて転倒しただけでも、死を招く危険がある。高いところから落ちたりしなくても、ただ立った姿勢から受け身せずに倒れただけでも、脳挫傷を起こす。

 さらに、最近、海外では死亡者続出のネックノミネート(Neknominate)と呼ばれる危険なネット投稿型一気飲みも起こっている。大量に一気飲みした自分の動画を投稿して、次の挑戦者を指名するゲームだ。これにより多くの死亡者が出ている。

急性アルコール中毒で死なせないためにすべきこと

 

 一気飲みは常に危険を伴う。おもしろい遊びなどと考えてはいけない。「イッキ」コールは殺人行為と心得たほうがいい。吐かせればアルコール濃度が薄まるなどと思っている人がいて、吐かせては飲ませるという危険な行為をする。しかし胃腸にある分を吐かせても、既に体に吸収された分は出せない。それ以上に、無理やり吐かせると、誤嚥(ごえん。飲食物などが肺などに入ってしまうこと)や窒息などを起こすので、非常に危険な行為。吐かせるときは横向きで、本人が自然に吐くのに任せるべきだ。

 酔っぱらった人からは目を離してはいけない。従って、酔いつぶれた人をどこかの部屋にまとめて置いて、見張りを一人つけるなどというのではダメ。その一人が眠ってしまったり、トイレに行ったりしている間に何が起こるかわからない。たまに見回るていどでは絶対にダメ。その間に死んでしまう。「頭を冷やす」などと外に出て、外で眠って凍死したり、池に落ちたり......といった危険もある。

 酔いつぶれた場合には、仰向けに寝かせてはいけない。吐いて喉に詰まらせる危険が高い。横向きに寝かせること。そして、そばに付き添い、よく観察することが必要。「息苦しそう」「全身が冷たい」「大きないびきをかく」「ゆさぶっても、反応しない」などの危険信号が見えたら、ためらわずにすぐ救急車を呼ぶべきだ。いつ危険な状態に陥るかわからないので、目を覚ますまで、必ず二人以上で付き添って見守らなければならない。

 こういった適切な処置をせずに死なせた場合、保護責任者遺棄致死罪で訴えられる。ここまで知ると、「イッキ飲み」「つぶれるまで飲ます」なんて面倒なことをしたくないと思うのでは?
(文=編集部)

難治性むちうち症からなぜ多くの不定愁訴がおきてしまうのか?
難治性のむちうち症を改善 後編 東京脳神経センター 整形外科・脊椎外科部長 川口浩医師

前編『画像診断できない難治性のむちうち症を独自の治療法で改善』

原因不明で治療法がなく多くの患者さんが回復をあきらめていた難治性のむちうち症。東京脳神経センターで進む独自の治療で、めまい、動機、吐き気などの全身症状やうつ症状などの不定愁訴が大幅に改善しているという。その具体的な成果についてお話を伺った。

Doctors marche アンダカシー
Doctors marche

医療法人社団 顕歯会 デンタルみつはし 理事長…

三橋純

近畿大学理工学部生命科学科ゲノム情報神経学准教授…

西郷和真

小笠原記念札幌病院腎臓内科。日本中毒学会認定クリ…

横山隆