個人情報の漏洩は大丈夫? Apple開発の「Research Kit」が医療研究を変革する!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
ip2.jpg

iPhoneで病気を治療する時代が来る!?

 市民の健康状態が自動的に収集・分析される時代が来る――。近未来のSFのような世界がこの春、実現するかもしれない。しかし、個人の健康情報が簡単に取得されることに対するリスクはどう考えたらいいのだろうか。

 米Appleは現地時間2015年3月9日、サンフランシスコで開催した特別イベントで、時計型端末「iWatch」の発表と同時に、医療研究用アプリの開発プログラム「Research Kit」を4月に公開すると発表した。

 この「Research Kit」の利用によって、数百万人のiPhoneのユーザーから、医療データを頻繁・迅速に集められるようにするアプリの開発が可能になるという。医療研究機関にとっては朗報だが、一方で、プライバシー保護やセキュリティを懸念する声も出ている。

「Research Kit 」によって治療法の確立が期待される病気は?

 「Research Kit」は、データ提供に同意したユーザーから、各種アプリを介して日々の運動量や血圧・血糖値といった基本的な身体活動のデータを収集する。さらに、iPhone ・iPod touchに内蔵されている加速度計・マイク・ジャイロスコープ・GPSセンサーやサードパーティー製の機器を利用することで、運動障害や体調、言葉、記憶などに関するデータの収集までも可能にするという。集められたデータは、医療研究機関に送信され、治療法の確立などの支援に役立てられる。

 米App Storeでは、ぜんそく、乳がん、循環器疾患、糖尿病、パーキンソン病に対応した5つのアプリがすでに公開されている。

 たとえば、「mPower」は、歩行、発声、指のタッピング運動などのテストや簡単な記憶ゲームを通して、パーキンソン病の症状に関する研究データを取得する。

 また、「MyHeart Count」は、日々の運動量やコレステロール値、血圧などの情報を利用者から取得し、心臓発作や脳卒中のリスクを計算。収集されたデータが循環器疾患にどのように関係するのかも分析する。
この「MyHeart Count」は、Appleの発表から24時間足らずで1万1000人の「参加同意」を得たという。スタンフォードの研究者らによると、こうした医療研究で1万人の参加者を得るには、国内50カ所の医療センターの協力があったとしても1年はかかるといい、iPhoneの影響力に驚いている。
 
 通常、医療研究に必要なデータを集めるには、参加者が病院や研究施設へ出向かなくてはならない。だが、「Research Kit」は参加者の所在地に縛られることなく、これまでよりも大規模なデータを、前例のないペースで集めることが可能になる。これは、医療研究機関、疾患を持つ人の双方に大きなメリットを与えるだろう。

集められた膨大なデータの管理体制は?

 しかし、「Research Kit」で収集されるデータは、生物個体を区別できるような特性をもつ非常にデリケートなデータだ。
Appleは、「参加者の提供データは端末から直接医療研究機関に送信され、Apple側は一切触れない」としている。

 また、AppleのWebサイト内の「Research Kit」のページには、「Appleは個人情報の価値を認識しており、どの研究に参加し、どのアプリに情報を提供するのかを決めるのはユーザーの意思である」とあり、プライバシーの保護を強調している。

 しかし、データベースというのは、常にハッキングのリスクをはらんでいる。現に、昨年Appleのクラウドサービス「iCloud」のアカウントがハッキングされ、米女優のジェニファー・ローレンスのプライベート写真がネット上に流出した事件は記憶に新しい。

 自分が「同意」して「提供」したデータが、医療の進歩に役立つのは素晴らしいことだ。しかし一方で、医療データという非常に個人的な情報が流出する危険性がゼロではない。それがどんな危険をはらむのかは、想定の範囲を超えないとは言い切れない。プライバシー保護はもちろんのこと、セキュリティに関する徹底的なリスク管理が望まれる。
(文=編集部)

<治療の中断>を減らした「オンライン診療」~会社やカフェからアクセスする患者たち
インタビュー「自宅や職場からの遠隔診察を可能に」第3回:新六本木クリニック・来田誠院長

第1回:<治療の中断>を減らした「オンライン診療」~会社やカフェからアクセスする患者たち
第2回:通院不要の「オンライン診療」~支払いはクレジット決済、薬は院外処方箋を自宅に配送
第3回:<治療の中断>を減らした「オンライン診療」~会社やカフェからアクセスする患者たち
 「5大疾病」のひとつとされ、もはや誰でもかかりうる病気となった精神疾患。その治療は長い期間にわたることが多いため、通院には負担がかかるのが常だった――。そんな精神科の診療をオンラインで行うことを可能にし、利便性を高めたのが新六本木クリニックだ。

フリーランスの解剖講師。関東・東海地方を中心に看…

前田信吾

理学療法士。日本で理学療法士として勤務した後、豪…

三木貴弘

大阪大学大学院言語文化研究科教授。米国ウィスコン…

杉田米行