>  > 東洋医学と西洋医学の接点(呉迎上海第一治療院院長 呉澤森)
「東洋医学と西洋医学の接点(呉迎上海第一治療院院長 呉澤森)」の記事一覧

慢性疾患やアレルギーなどで既に評価が定まりつつある東洋医学。上海の中医学院に学んでWHO上海国際鍼灸センター、北里研究所の東洋医学総合研究所などを経て、日本における中学の中心的な実践者である筆者が、未だ多くの可能性が秘められている中国医学と西洋医学の接点に未来の医療の可能性を見る。

がんや抗がん剤治療による発熱に効果が見られる針灸治療とは?

がんの塊は細胞の増殖により急速に増大していく。その増大したがんの塊が周囲の血管、内臓などを圧迫、摩擦し、炎症因子が加わり持続性の発熱が出現する。また、治療においても、抗がん剤によるアレルギー症状のほか、特に放射線、レーザー光線の治療によってがん細胞を攻撃し死滅させる時に…続きを読む

がんや抗がん剤治療による発熱に効果が見られる針灸治療とは?
除菌で虫歯と歯周病を予防する「3DS」~薬を塗ったマウスピースを5分間はめるだけ
インタビュー 口腔内を除菌して全身疾患を予防する「3DS除菌」② 鶴見大学歯学部・探索歯科講座 花田信弘教授/山田秀則助教

第1回:口腔内の雑菌は100億個以上~<除菌治療>が歯周病と生活習慣病を防ぐ!
虫歯や歯周病の原因菌が、生活習慣病を引き起こす発症リスクになることがわかっているため、今後は虫歯や歯周病を直接治療するだけに留まらず、「予防歯科」の必要性が近年ますます高まってくる。鶴見大学歯学部付属病院では、3DSという治療法を用いて、歯科治療のみならず、全身疾患の予防を目的に画期的な専門外科を開設している。

理学療法士。日本で理学療法士として勤務した後、豪…

三木貴弘

滋賀医科大学社会医学講座(法医学)教授、厚生労働…

一杉正仁

近畿大学理工学部生命科学科ゲノム情報神経学准教授…

西郷和真