「呉澤森」の記事一覧

呉澤森(ご・たくしん)

呉迎上海第一治療院院長。中国上海中医薬大学院卒業。元WHO上海国際針灸養成センター講師、元上海針灸経絡研究所研究員、主任医師。1988年、北里東洋医学研究所の招待で来日。現在、多数の針灸専門学校の非常勤講師を務め、厚生大臣指定講習会専任講師、日本中国医学開発研究院院長、主席教授、日本中医臨床実力養成学院院長なども兼務している。『鍼灸の世界』(集英社新書)が有名。
●得意分野:不妊症、内科全般、生殖泌尿系統、運動系、脳卒中後遺症、五官科(目(視覚)・耳(聴覚)・舌(味覚)・鼻(嗅覚)・皮膚(触覚)。特に眼科)等

呉澤森

がんや抗がん剤治療による発熱に効果が見られる針灸治療とは?

がんの塊は細胞の増殖により急速に増大していく。その増大したがんの塊が周囲の血管、内臓などを圧迫、摩擦し、炎症因子が加わり持続性の発熱が出現する。また、治療においても、抗がん剤によるアレルギー症状のほか、特に放射線、レーザー光線の治療によってがん細胞を攻撃し死滅させる時に…続きを読む

がんや抗がん剤治療による発熱に効果が見られる針灸治療とは?

がん患者の嘔吐、食欲不振、味覚障害に速効性がある鍼灸治療とは?

がん治療では、手術の前後、あるいは手術ができないとき、抗がん剤治療を行うことがある。しかし、抗がん剤治療を受けた後には、吐き気、嘔吐、食欲不振、さらには味覚障害などの副作用が現われ、患者は非常に苦しい思いをすることがある。このような副作用が継続すれば、がん患者の体力はますま…続きを読む

がん患者の嘔吐、食欲不振、味覚障害に速効性がある鍼灸治療とは?

抗がん剤治療で激減した白血球数を鍼灸で回復、治療継続が可能に

がんと診断されたら、手術、抗がん剤の投薬、放射線の照射、さらにはそれらの治療方法の組み合わせが一般論である。当然、こうした治療は必要であることはいうまでもない。しかし、治療を受けたがん患者さんの状況を見れば、がんの徹底的な治療とは言えない部分が出てくる。これらの治療法にはほ…続きを読む

抗がん剤治療で激減した白血球数を鍼灸で回復、治療継続が可能に

西洋医学で発見できない初期のがんを、体の異常信号から見つける中医学

私の治療院には、さまざまながんに罹っている患者さんが来院され、相談、治療をおこなう。その中で共通して発せられる問いは「がんは早期発見できるか?」ということである。腫瘍マーカー、CT、MRI、細胞診などの先進的な西洋医学の検査により、一部、がんの早期発見ができるようになった。…続きを読む

西洋医学で発見できない初期のがんを、体の異常信号から見つける中医学

意外に知られていない「漢方」と「中医学」の違いとは?

日本では一般的に「漢方」と「中医学」についての認識と理解は、次の3つにまとめられる。「漢方も中医学も同じこと」「漢方は中医学の一部」「日本では中医学を知る人は少なく、漢方や東洋医学と言ったほうがわかりやすい」 つまり、「漢方」も「中医学」も、そもそも不明瞭のまま…続きを読む

意外に知られていない「漢方」と「中医学」の違いとは?
子どもが発熱してもあわてない! 薬を減らして免疫力を育てよう
インタビュー「飲むべきか、飲まざるべきか、それが薬の大問題」第1回・とりうみ小児科院長・鳥海佳代子医師

過剰医療を招く一因ともいわれる、わが国の医療機関への「出来高払い制」。国民皆保険制度によって恵まれた医療を享受できる一方、<お薬好き>の国民性も生み出す功罪の両面がある。薬は必要なときに、必要な分だけ――限りある医療資源を有効に使う私たちの賢い選択とは? とりうみ小児科の鳥海佳代子院長に訊く。

精神保健福祉士。フリージャーナリスト。1977年…

里中高志

日本中毒学会評議員(同学会クリニカルトキシコロジ…

横山隆

理学療法士。日本で数年勤務した後、豪・Curti…

三木貴弘