「自殺者」の平均睡眠時間は5時間。「睡眠不足」が自殺を引き起こしてしまう!?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

自殺者の就寝時刻は深夜1~2時。平均睡眠時間は5時間前後。

 

 厚生労働省研究班が救命救急センターに運ばれた自殺未遂者を対象として行った調査でも、自殺の試みが初めて...という初回の人の52%、複数回、自殺を試みた人の89%が、睡眠導入剤や精神安定剤を飲んでおり、自殺者の多くが精神的に不安定な状態にあり、睡眠に問題を抱えていたことがわかっている。

 同調査では、自殺初回の人の84%、複数回自殺を試みた人の72%が睡眠不足を自覚していた。平均睡眠時間は初回の人が4.6時間、複数回の人が5.7時間だった。就寝時間の平均は初回の人が午前1時10分、複数回の人が午前2時20分で、寝付くまでに初回の人が1時間30分、複数回の人が54分かかっていて、寝つきの悪さも目立つ。一晩に平均2回ていど目が覚めていた。

 日本では寝つけないときに「寝酒」と称して酒を飲む人が多いが、実はアルコールにより眠りが浅くなってしまう。自殺を試みた人の2割以上がアルコールを飲んでいた。

 自殺企図者の多くは睡眠障害を伴う、うつ状態にあるほか、睡眠不足で判断力が落ちていることが考えられる。

 精神科では「精神病だから睡眠の質が下がるのか」、「睡眠不足だから、精神を病むのか」、いわばニワトリが先か、卵が先かという議論同様に、精神の不調と睡眠は深く関わっていると考えられている。

「たかが睡眠不足」を侮ってはいけない。睡眠は無駄な時間ではなく、生きていくために非常に重要な時間なのである。

(文=編集部)

難治性むちうち症からなぜ多くの不定愁訴がおきてしまうのか?
難治性のむちうち症を改善 後編 東京脳神経センター 整形外科・脊椎外科部長 川口浩医師

前編『画像診断できない難治性のむちうち症を独自の治療法で改善』

原因不明で治療法がなく多くの患者さんが回復をあきらめていた難治性のむちうち症。東京脳神経センターで進む独自の治療で、めまい、動機、吐き気などの全身症状やうつ症状などの不定愁訴が大幅に改善しているという。その具体的な成果についてお話を伺った。

nobiletin_amino_plus_bannar_300.jpg
Doctors marche アンダカシー
Doctors marche

医療法人社団 顕歯会 デンタルみつはし 理事長…

三橋純

近畿大学理工学部生命科学科ゲノム情報神経学准教授…

西郷和真

小笠原記念札幌病院腎臓内科。日本中毒学会認定クリ…

横山隆