「中国」の「臓器狩り」の実態! 6万5000人の囚人から生きたまま臓器を摘出!

この記事のキーワード : 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
43154995.jpg

中国の臓器狩りの恩恵にあずかった日本人も……(shutterstock.com)

 6月2日~6日にかけて、大阪、名古屋、神奈川、東京、埼玉の各地でカナダの人権弁護士デービッド・マタス氏が講演会を行った。そのテーマは「中国臓器狩り問題」。

 かつては都市伝説のようにさえ語られていた中国で起こっているとされる死刑囚の臓器を使った移植医療。だが、国連人権委員会、アメリカ議会、欧州議会などをはじめ、あまりにも多くの国際的な非難に耐えかね、2005年、中国は公式に死刑囚からの臓器摘出を認めた。しかし、中国が抱える本当の闇はさらに深く大きな広がりを見せている。

515tViuj22L._SL500_AA300_.jpg

画像は、『中国臓器狩り』(アスペクト)より

 マタス氏は2006年からこの問題を中立的な立場から根気強い調査を続けており、報告書を公開するとともに日本でも昨年12月『中国臓器狩り』(アスペクト)を上梓した。

 本書から引用し、ことの次第を簡潔に説明する。

「中国はまず、死刑囚の臓器を使って臓器の販売を始めた。しかし、世界的に臓器の需要は大きく、また病院にはお金が必要だったために、死刑囚の臓器だけでは供給が追いつかなかった。そしてそこに、法輪功の学習者が登場する。彼らは迫害され、人間性を奪われていた。人数も膨大で、身元不明という無防備な立場にあった。これらの要素が組み合わさり、法輪功学習者が、臓器のために殺された。摘出された臓器は外国人に売られ、中国にとっては数十億ドル規模のビジネスになった」(p.112『中国臓器狩り』)

 法輪功とは、中国政府がカルト集団として執拗に迫害を加える団体である。

 講演の後の記者会見では、マタス氏はこの事態が未だに現在進行形であること。かつては外国人を対象にしていた移植手術が国内の富裕層へとシフトしているため、さらに巧妙になっていること。あるいは世界規模で展開される法輪功に対するネガティブキャンペーンの現実などを語った。

胃の不快感の多くは実は「機能性ディスペプシア」という病気
日本初の『胃弱外来』開設」後編:巣鴨駅前胃腸内科クリニック・神谷雄介院長

前編『大病院を転々した末にたどり着く「胃弱外来」 初診から約1カ月で8割の患者の症状が改善』

胃痛やもたれ、むかつきなどの症状があっても、検査の結果異常がないと診断され悩みを抱える患者さんが少なくない。こうした胃の悩みを抱える人たちのために開設したのが胃弱外来。患者さんの多くは新しく認知された『機能性ディスペプシア』や『胃食道逆流炎症』などの疾患だ。その具体的な治療法について話を伺った。

Doctors marche アンダカシー
Doctors marche

精神保健福祉士。フリージャーナリスト。1977年…

里中高志

医療法人社団 三喜会 理事長、鶴巻温泉病院院長。…

鈴木龍太

フリージャーナリスト。1949年、東京都生れ。法…

郡司和夫