血液

慢性骨髄性白血病

どんな病気 慢性白血病は血液中の白血球数が著しく多くなる病気ですが、症状がほとんどない場合が多く、白血球の数も多いながら症状が安定している疾患です。白血球数が急速に増加してくるものは、急性白血病と考えられます。増えている白血球の種類により、慢性骨髄性白血病と慢性リンパ性白血病…続きを読む

慢性骨髄性白血病

貧血

貧血

多発性骨髄腫

多発性骨髄腫

血小板異常(増加症と機能異常)

どんな病気 血液中に浮遊している血小板は、血管が破れると、その部分に集まって固まり出血を止める働きをします。血液中の血小板数の正常値は15万〜35万/μlですが、この数値が著しく低下すると出血をきたします。また数が著しく多くなると逆に血が固まりやすくなり、血栓症を起こす危険性…続きを読む

血小板異常(増加症と機能異常)

悪性リンパ腫

悪性リンパ腫

糖尿病

糖尿病
難治性むちうち症からなぜ多くの不定愁訴がおきてしまうのか?
難治性のむちうち症を改善 後編 東京脳神経センター 整形外科・脊椎外科部長 川口浩医師

前編『画像診断できない難治性のむちうち症を独自の治療法で改善』

原因不明で治療法がなく多くの患者さんが回復をあきらめていた難治性のむちうち症。東京脳神経センターで進む独自の治療で、めまい、動機、吐き気などの全身症状やうつ症状などの不定愁訴が大幅に改善しているという。その具体的な成果についてお話を伺った。

nobiletin_amino_plus_bannar_300.jpg
Doctors marche アンダカシー
Doctors marche

医療法人社団 顕歯会 デンタルみつはし 理事長…

三橋純

近畿大学理工学部生命科学科ゲノム情報神経学准教授…

西郷和真

小笠原記念札幌病院腎臓内科。日本中毒学会認定クリ…

横山隆