【病気の知識】

血小板異常(増加症と機能異常)

この記事のキーワード : 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

どんな病気

 血液中に浮遊している血小板は、血管が破れると、その部分に集まって固まり出血を止める働きをします。血液中の血小板数の正常値は15万〜35万/μlですが、この数値が著しく低下すると出血をきたします。また数が著しく多くなると逆に血が固まりやすくなり、血栓症を起こす危険性があります。さらに血小板の機能が異常となり、数があっても血を止める効果の少ないこともあります。

 特発性血小板増加症(ET)は、ITPとは逆に血小板数が著しく増加する疾患で、著しい場合には血栓症等を引き起こしたり、逆に出血が認められることもあります。

 血小板機能異常は先天的異常である場合もありますが、多くの場合は薬剤によるものです。最も有名な薬剤は非ステロイド性の抗炎症剤(NSAID)とアスピリンで、血小板の機能を低下させ、出血しやすくさせます。これらは鎮痛・解熱剤として広く服用されている薬剤であり、とくに血小板数の減少する病気の人では誤って処方されたり、服用したりしないよう注意が必要です。

どんな症状

 血小板の数が増加するために血液が固まりやすくなり、血栓症が起きたり、逆に出血症状を示す場合があります。脾臓は腫大し、左上腹部の不快感を訴える場合もあります。

どんな診断・検査

 血小板の増加した状況は血算によって調べられます。その原因を究明するために骨髄穿刺が行われます。慢性骨髄性白血病が、鑑別上極めて重要な病気となります。骨髄の染色体検査によりPh1染色体のないことがETの診断上必要です。

どんな治療法

 特定の治療法は知られていません。

どんな予防法

 予防方法はとくには知られていません。

難治性むちうち症からなぜ多くの不定愁訴がおきてしまうのか?
難治性のむちうち症を改善 後編 東京脳神経センター 整形外科・脊椎外科部長 川口浩医師

前編『画像診断できない難治性のむちうち症を独自の治療法で改善』

原因不明で治療法がなく多くの患者さんが回復をあきらめていた難治性のむちうち症。東京脳神経センターで進む独自の治療で、めまい、動機、吐き気などの全身症状やうつ症状などの不定愁訴が大幅に改善しているという。その具体的な成果についてお話を伺った。

Doctors marche アンダカシー
Doctors marche

医療法人社団 顕歯会 デンタルみつはし 理事長…

三橋純

近畿大学理工学部生命科学科ゲノム情報神経学准教授…

西郷和真

小笠原記念札幌病院腎臓内科。日本中毒学会認定クリ…

横山隆