「不眠大国ニッポン」に良い眠りをもたらすためになすべきことは何か?

この記事のキーワード : 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

睡眠に関する意識改革こそが必要

「最近、睡眠に関する問題を訴える患者さんが非常に増えています。特に注意したいのは『かくれ不眠』というべき人たちの増加です。かくれ不眠とは『軽度・短期不眠状態』で、医学的な治療を要する一歩手前の状態ですが、放置しておくとやがて本格的な不眠症につながります。適切な睡眠がとれず日中の活動に不具合を感じその状態が2~3週間続いていたらかくれ不眠と考えていいと思います」と警鐘を鳴らす。
 
 しかし、そもそも睡眠に対する日本人の意識改革こそが重要だという。

「ショートスリーパーが注目され、寝ないことにプライドを感じるような人たちや短い睡眠でも十分に働けると自慢するような人もいます。あるいは昼間の眠さに対して、眠いものはしょうがないと開き直り、眠さは天から与えられたもの、眠るのは体にいいから昼間でも眠い時には眠ればいいと嘯く人もいます。寝てないぞと自慢する人、不規則な睡眠を自慢する人を減らすだけで健康な人がずいぶん増えるはずです」

 睡眠は生きるうえで不可欠だ。古賀教授は次のように結んだ。
「睡眠はきわめて原始的な営みであるとともに社会的文化的な側面も持っています。生理学的な知見に加え、トータルかつ多面的に睡眠を考えなければいけない。香りを楽しむことによって良質の睡眠を得るというアプローチもそのひとつだと思います」。
(文=編集部)

「不眠大国ニッポン」に良い眠りをもたらすためになすべきことは何か?の画像2

古賀良彦(こが・よしひこ)
杏林大学名誉教授。昭和21年東京都世田谷区に生まれる。日本催眠学会名誉理事長、日本ブレインヘルス協会理事長、日本薬物脳波学会副理事長、日本臨床神経生理学会名誉会員などを務める。

難治性むちうち症からなぜ多くの不定愁訴がおきてしまうのか?
難治性のむちうち症を改善 後編 東京脳神経センター 整形外科・脊椎外科部長 川口浩医師

前編『画像診断できない難治性のむちうち症を独自の治療法で改善』

原因不明で治療法がなく多くの患者さんが回復をあきらめていた難治性のむちうち症。東京脳神経センターで進む独自の治療で、めまい、動機、吐き気などの全身症状やうつ症状などの不定愁訴が大幅に改善しているという。その具体的な成果についてお話を伺った。

nobiletin_amino_plus_bannar_300.jpg
Doctors marche アンダカシー
Doctors marche

医療法人社団 顕歯会 デンタルみつはし 理事長…

三橋純

近畿大学理工学部生命科学科ゲノム情報神経学准教授…

西郷和真

小笠原記念札幌病院腎臓内科。日本中毒学会認定クリ…

横山隆