まさに『セックス・アンド・ザ・シティ』!別れと復縁でカップルの精神的ダメージは?

この記事のキーワード : 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

パートナーとの関係で何が問題かを見つめ直す必要が

 今回の研究では、これらの関連が認められたに過ぎないが、こうした結果を踏まえ、Monk 氏は「パートナーとの別れは辛いものだが、それによって苦痛を感じるのは普通のことで、多くの場合は一時的なものだ。しかし、別離と復縁を何度も繰り返すと、心身の良好な状態(ウェルビーイング)に大きく影響する可能性がある」と話している。

 パートナーとこうした関係に陥ってしまう理由はさまざまで、Monk 氏は「別れた後も元のパートナーへの思いが残っているために復縁するというのが主なものではないか。また、共同で保有していた財産に関連した法的義務など、より現実的な問題を考慮して復縁する人もいる」と説明している。

 その上で同氏は「別離と復縁を繰り返す人は、パートナーとの関係において何が問題なのかを見つめ直す必要がある」と助言している。

 なお、Monk 氏らの研究について、米カリフォルニア州立大学心理学の元教授であるBeverly Palmer氏は「精神的苦痛が強かったのがパートナーから去った側なのか、去られた側なのかが不明であるという点が、結果の解釈を難しくしている」と指摘。

 また、Monk氏は「別れをきっかけに、それまでのパートナーとの関係を見直し、別離を望んでいないことに気づかされたと振り返る人もいる」と話し、別離と復縁のサイクルが有益な場合もあると付け加えている。
(文=編集部)

胃の不快感の多くは実は「機能性ディスペプシア」という病気
日本初の『胃弱外来』開設」後編:巣鴨駅前胃腸内科クリニック・神谷雄介院長

前編『大病院を転々した末にたどり着く「胃弱外来」 初診から約1カ月で8割の患者の症状が改善』

胃痛やもたれ、むかつきなどの症状があっても、検査の結果異常がないと診断され悩みを抱える患者さんが少なくない。こうした胃の悩みを抱える人たちのために開設したのが胃弱外来。患者さんの多くは新しく認知された『機能性ディスペプシア』や『胃食道逆流炎症』などの疾患だ。その具体的な治療法について話を伺った。

Doctors marche アンダカシー
Doctors marche

くにたち駅前眼科クリニック院長。1986年、東京…

高橋現一郎

近畿大学理工学部生命科学科ゲノム情報神経学准教授…

西郷和真

フィットネスアドバイザー。JT東京男子バレーボー…

村上勇