まさに『セックス・アンド・ザ・シティ』!別れと復縁でカップルの精神的ダメージは?

この記事のキーワード : 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

パートナーとの関係で何が問題かを見つめ直す必要が

 今回の研究では、これらの関連が認められたに過ぎないが、こうした結果を踏まえ、Monk 氏は「パートナーとの別れは辛いものだが、それによって苦痛を感じるのは普通のことで、多くの場合は一時的なものだ。しかし、別離と復縁を何度も繰り返すと、心身の良好な状態(ウェルビーイング)に大きく影響する可能性がある」と話している。

 パートナーとこうした関係に陥ってしまう理由はさまざまで、Monk 氏は「別れた後も元のパートナーへの思いが残っているために復縁するというのが主なものではないか。また、共同で保有していた財産に関連した法的義務など、より現実的な問題を考慮して復縁する人もいる」と説明している。

 その上で同氏は「別離と復縁を繰り返す人は、パートナーとの関係において何が問題なのかを見つめ直す必要がある」と助言している。

 なお、Monk 氏らの研究について、米カリフォルニア州立大学心理学の元教授であるBeverly Palmer氏は「精神的苦痛が強かったのがパートナーから去った側なのか、去られた側なのかが不明であるという点が、結果の解釈を難しくしている」と指摘。

 また、Monk氏は「別れをきっかけに、それまでのパートナーとの関係を見直し、別離を望んでいないことに気づかされたと振り返る人もいる」と話し、別離と復縁のサイクルが有益な場合もあると付け加えている。
(文=編集部)

睡眠障害治療の新たな幕開け!個人に必要な睡眠の「量」と「質」を決める遺伝子を探せ
インタビュー「睡眠障害治療の最前線」後編:筑波大学国際統合睡眠医科学研究機構・佐藤誠教授

前編『『人間の「脳」は7時間程度の睡眠が必要! 本当のショートスリーパーは100人に1人程度!?』』

ひとくちに睡眠障害といっても、さまざまな症状がある。1990年代後半から脳内に眠気を誘う「睡眠物質」を探す研究にスポットライトが当たり、2018年からは睡眠の質と量を決める遺伝子の解析も進められている。今回は睡眠障害について、筑波大学国際統合睡眠医科学研究機構の佐藤誠教授に話しを聞いた。

Doctors marche アンダカシー
Doctors marche

医療法人社団 三喜会 理事長、鶴巻温泉病院院長。…

鈴木龍太

フリージャーナリスト。1949年、東京都生れ。法…

郡司和夫

小笠原記念札幌病院腎臓内科。日本中毒学会認定クリ…

横山隆