開放的なオフィスで仕事ストレスが減る? 米国では職場環境による経済損失25兆円!?

この記事のキーワード : 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

開放的なオフィスの意外なモノ?

 開放的なオフィスで働く人が活動的になりやすい理由について、Lindberg氏は「意外なものだった」と話している。

 同氏によれば、周囲が見渡せる場所では他人を意識してしまうため、周囲から会話や電話で話す声が聞こえたりすると、一人になれる空間を求めて移動することが多くなるのだという。

 ただ、今回の研究では因果関係は明らかにされておらず、吹き抜けやカジュアルな会議スペースといったデザイン的な特徴も精神的なストレスに影響している可能性があると、Lindberg氏は指摘している。

 この論文をレビューした米アルバートアインシュタイン医科大学のJoe Verghese氏は、職場環境とストレスとの関連について、さらに研究を重ねる必要があると次のようにコメントしている。

 「平日の多くの時間を過ごす職場の環境がストレスレベルに影響を及ぼすのは当然だ。精神的なストレスには仕事の種類やワークフロー、教育レベル、文化の違いのほか、性別や性格などの因子も影響する」、
(文=編集部)

睡眠障害治療の新たな幕開け!個人に必要な睡眠の「量」と「質」を決める遺伝子を探せ
インタビュー「睡眠障害治療の最前線」後編:筑波大学国際統合睡眠医科学研究機構・佐藤誠教授

前編『『人間の「脳」は7時間程度の睡眠が必要! 本当のショートスリーパーは100人に1人程度!?』』

ひとくちに睡眠障害といっても、さまざまな症状がある。1990年代後半から脳内に眠気を誘う「睡眠物質」を探す研究にスポットライトが当たり、2018年からは睡眠の質と量を決める遺伝子の解析も進められている。今回は睡眠障害について、筑波大学国際統合睡眠医科学研究機構の佐藤誠教授に話しを聞いた。

Doctors marche アンダカシー
Doctors marche

医療法人社団 三喜会 理事長、鶴巻温泉病院院長。…

鈴木龍太

フリージャーナリスト。1949年、東京都生れ。法…

郡司和夫

小笠原記念札幌病院腎臓内科。日本中毒学会認定クリ…

横山隆