開放的なオフィスで仕事ストレスが減る? 米国では職場環境による経済損失25兆円!?

この記事のキーワード : 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

開放的なオフィスの意外なモノ?

 開放的なオフィスで働く人が活動的になりやすい理由について、Lindberg氏は「意外なものだった」と話している。

 同氏によれば、周囲が見渡せる場所では他人を意識してしまうため、周囲から会話や電話で話す声が聞こえたりすると、一人になれる空間を求めて移動することが多くなるのだという。

 ただ、今回の研究では因果関係は明らかにされておらず、吹き抜けやカジュアルな会議スペースといったデザイン的な特徴も精神的なストレスに影響している可能性があると、Lindberg氏は指摘している。

 この論文をレビューした米アルバートアインシュタイン医科大学のJoe Verghese氏は、職場環境とストレスとの関連について、さらに研究を重ねる必要があると次のようにコメントしている。

 「平日の多くの時間を過ごす職場の環境がストレスレベルに影響を及ぼすのは当然だ。精神的なストレスには仕事の種類やワークフロー、教育レベル、文化の違いのほか、性別や性格などの因子も影響する」、
(文=編集部)

胃の不快感の多くは実は「機能性ディスペプシア」という病気
日本初の『胃弱外来』開設」後編:巣鴨駅前胃腸内科クリニック・神谷雄介院長

前編『大病院を転々した末にたどり着く「胃弱外来」 初診から約1カ月で8割の患者の症状が改善』

胃痛やもたれ、むかつきなどの症状があっても、検査の結果異常がないと診断され悩みを抱える患者さんが少なくない。こうした胃の悩みを抱える人たちのために開設したのが胃弱外来。患者さんの多くは新しく認知された『機能性ディスペプシア』や『胃食道逆流炎症』などの疾患だ。その具体的な治療法について話を伺った。

Doctors marche アンダカシー
Doctors marche

フィットネスアドバイザー。JT東京男子バレーボー…

村上勇

精神保健福祉士。フリージャーナリスト。1977年…

里中高志

医療法人社団 三喜会 理事長、鶴巻温泉病院院長。…

鈴木龍太