大竹まことさんが苦しむ腰痛、<腰椎分離症>で手術へ 復帰は来週か?

この記事のキーワード : 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

腰椎分離症 発症率5%程度、スポーツ選手では約30~40%

 原因は何か?

 体が柔らかい中学生頃に、ジャンプや体幹の前後屈、回旋を繰り返し行うと、腰椎の後方部分に亀裂が入って腰痛が起こる。腰椎上関節突起と下関節突起との間で、椎弓根部の骨連続性が途絶した状態で、骨折と同様の病態だ。発症率は、一般人は5%程度だが、スポーツ選手は約30~40%と高い。

 症状は、腰部痛、臀部痛、大腿外側の鈍い痛みを伴う。脊柱起立筋の緊張が高まり、背中を反らすと腰痛が増強しやすい。長時間の運動だけでなく、長時間の立位、座位、中腰姿勢でも起こりやすいが、椎間板ヘルニアにみられる神経麻痺は伴わない。

 診断は、腰椎レントゲンによって45度斜位像を撮像し、テリア(犬)の首輪といわれる分離部を確認する。CTなら、分離部が確認しやすく、椎間板ヘルニア(椎間板の突出像)との鑑別に有用だ。

 治療は、保存療法が第1選択になる。保存療法を選択した場合でも骨癒合(6~12ヵ月)か、疼痛軽減(1~3ヵ月)かによって安静期間が異なる。

  疼痛対策は、温熱ホットパック、低周波、干渉波などの物理療法、消炎鎮痛剤の投与が主体だ。体幹の保護に幅広の腰ベルト(コルセット)も活用する。疼痛が軽減すれば、体幹のストレッチング、腹背筋訓練などを開始する。

 分離部の動揺性が強い場合は、骨移植手術、脊椎固定術などを行うケースもある。

 ちなみに、13~14歳のジュニア期をピークに、男子の発症が圧倒的に多い。野球、バレーボール、バスケットボール、サッカー、柔道、ラグビー、ウエイトリフティングなど、頻回に体幹の前後屈、回旋を行うスポーツに好発しやすい。

 大竹の発症の真因は不明。習慣的な立位、座位、中腰姿勢などかも知れない。「大竹まこと ゴールデンラジオ」は、11年以上も続いている人気番組だ。早期の復帰を待とう。
(文=編集部)

*参考:「腰椎分離症・分離すべり症」
日本整形外科学会
https://www.joa.or.jp/public/sick/condition/spondiyolysis.html
ザムスト
https://www.zamst.jp/tetsujin/waist/spondylolysis/

HIVも予防できる 知っておくべき性感染症の検査と治療&予防法
世界的に増加する性感染症の実態 後編 あおぞらクリニック新橋院内田千秋院長

前編『コロナだけじゃない。世界中で毎年新たに3億7000万人超の性感染症』

毎年世界中で3億7000万人超の感染者があると言われる性感染症。しかも増加の傾向にある。性感染症専門のクリニックとしてその予防、検査、治療に取り組む内田千秋院長にお話を伺った。

nobiletin_amino_plus_bannar_300.jpg
Doctors marche アンダカシー
Doctors marche

あおぞらクリニック新橋院院長。1967年、大阪市…

内田千秋

(医)スターセルアライアンス スタークリニック …

竹島昌栄

ジャーナリスト、一般社団法人日本サプリメント協会…

後藤典子