杉田水脈も暴言参戦!? ドラマ『健康で文化的な最低限度の生活』安達祐実がシングルマザー役に

この記事のキーワード : 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「シングルマザーは苦労していない」という杉田議員の主張

 なにしろこの国では、シングルマザーに対する偏見が国会議員の中にすら存在する。その代表が、「LGBTは生産性がないので税金を使う必要がない」という主旨の文章を発表したことで問題となった、杉田水脈・衆議院議員(自民党)だ。

 杉田議員は、今回問題になった文章が発表されたのと同じ雑誌『新潮45』の17年9月号で、「シングルマザーをウリにするな」というタイトルの文章を掲載している。

 そのなかでは、「都民ファーストの会」が圧勝した東京都議会戦の中にシングルマザーを売りにした議員が複数いたことや、同じくシングルマザーの元SPEED・今井絵理子・参議院議員などを引き合いに出しながら、「多くのシングルマザーは親の手を借りて子育てをしているから、そんなに苦労していない」という主張を展開。

 一部の豊かなシングルマザーのことばかり取りあげて、貧困に苦しんでいる母親のことにはまるで関心を持たない。

「シングルマザーの選択は自己責任」「権的な主張」

 さらに杉田議員は、次のような主張まで展開するのだ。以下、引用する。

 《暴論と言われるかもしれませんが、離別の場合、シングルマザーになるというのはある程度は自己責任であると思うのです。前述のようにDVなんて場合もあるかもしれませんが、厳しいことを言うと「そんな男性を選んだのはあなたでしょ!」ということに終始します。》

 《「私はシングルマザーなんだから」と特権的に言う人の気持ちが私には全く分かりません》
 
 国を代表する国会議員、しかも女性にしてこの認識である。誰も好きでシングルマザーになろうとして、最初から子どもをつくるわけではあるまい。

 さまざまな状況の巡り合わせの結果、そのような立場に置かれているのに、それを自己責任だと切って捨てるなら、いったい政治家とは何の意味があって存在しているのだろうか。

 今回5000人規模のデモまで起こるほど問題になったLGBTをめぐる発言について、自民党は杉田議員を指導。議員は「真摯に受け止め、研鑽に努めていきたい」とコメントした。

 いったい、この国の政治家は社会保障に対してどう考えているのか、それを知るためのひとつの判断材料として、杉田議員の発言にはこれからも注目していきたい。
(文=編集部)

インプラント治療で失敗しないために良心的な歯科医を見分けるポイント
インタビュー「インプラントトラブルの実態」後編:日本橋インプラントセンター所長・玉木仁氏

前編『インプラント治療のトラブルの実態〜原因の多くは価格破壊と勉強不足』

不幸にして歯が抜けてしまった場合の治療法として広まってきた「インプラント」。しかし、1本40~60万円と、決して安くはないわりに、インプラントはトラブルの話も多い。そこで今回は、「日本橋インプラントセンター」の玉木仁所長に良心的な歯科医を見分けるポイントを聞いた。

Doctors marche アンダカシー
Doctors marche

近畿大学理工学部生命科学科ゲノム情報神経学准教授…

西郷和真

フリージャーナリスト。1949年、東京都生れ。法…

郡司和夫

医療法人社団 三喜会 理事長、鶴巻温泉病院院長。…

鈴木龍太