シリーズ「マッサージチェアのパイオニア『フジ医療器』の開発秘話」後編

AI搭載機種も!? 進化し続けるマッサージチェアの賢い選び方はコレ!

この記事のキーワード : 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

自分に合ったマッサージチェアの選び方

 実際に自分たちがマッサージチェアを買う時は、どんなポイントに着眼して商品を選べばいいのだろう?

 大出氏は「一番は自分の体に合うかどうか」と、そのポイントを説明する。「乗った時の気持ちよさがすごく重要な要素なんです。というのも、効果が出る椅子であっても、マッサージをされてみて痛いとなると、もうそのマッサージチェアを使わなくなる傾向があるので」とマッサージチェアを購入する人の心理を分析する。

 「5年とか10年使うものですし、強弱の調整ができるもの、自動コースのバリエーション、体形検知機能の有無などから選んで、かつ自分の体に合ったものを使うのがいいです。今は気持ちいいけど、5年後は体も衰えてきて快適ではなくなった、なんてこともあるんです。将来のことも考えて、ゆったりしたものを選ぶとか、そういうことも考慮して買うのがいいと思います」

 マッサージチェアを購入しても、その使い方にも注意しなければならない。これについて一井氏は「使うのに適したタイミングで使って欲しいです」と力を込める。

 快適な使い方の目安は「1日30分」。「肩を集中的にマッサージしたい時でも、『5分までにしてください』とか、揉み過ぎの注意を利用者にはうながしています」という。

 血行の良い状態での使用も避けたほうがいいとのことで、「食後すぐとかはダメ。アルコールを飲んだ後ももちろんです」と使用上の注意点を説明してくれた。

変貌していくマッサージチェア業界

 時代が変わり、マッサージチェアも通信販売で買う人が増えた。だが、それゆえに、「家に届いたら思ったより大きかった」「エアーバッグの空気が抜ける音が思ったよりうるさい」などなど、これまでになかったような意見が寄せられるようになった。

AI搭載機種も!? 進化し続けるマッサージチェアの賢い選び方はコレ!の画像3

フジ医療器の大出健太郎氏と一井麻子氏

 同社では、実際に商品の良さを自分で確かめてもらおうと、都内にショールームを設置。利用者がどうすれば満足してくれるのかを追求する日々が続く。

 インターネットが普及し、スマート化が計られる中、商品のIT化も進む。AI搭載のマッサージチェアが市場に登場する日はそう遠くない未来かもしれない。大出氏自身も「IT化は避けられない」と展望を明かす。

 フジ医療器の目標は「マッサージチェアを一家に一台」。大出氏と一井氏は理想のマッサージチェア選びについて改めて「体に合うマッサージ機がいいマッサージ機。強弱の調整の幅が広いマッサージチェアがいいと思います」と提言する。

 家庭用マッサージチェアが普及したとはいえ、まだまだ販売面で伸びしろはあると考えているといい、大出氏は「マッサージチェアに関しては、使ったことのない人にこそ、今後どんどん使って欲しいと思っているんです」と話す。

「使えば良さのわかるものなのは間違いないです。一度でもマッサージチェアのある生活を過ごしてもらえれば、その後マッサージチェアを手放せなくなる人が増えていくと思います。だからこそ、自分に合ったマッサージチェアに出合って欲しいし、わたしたちも努力していかなければいけない」とする。
(取材・文=名鹿祥史)

難治性むちうち症からなぜ多くの不定愁訴がおきてしまうのか?
難治性のむちうち症を改善 後編 東京脳神経センター 整形外科・脊椎外科部長 川口浩医師

前編『画像診断できない難治性のむちうち症を独自の治療法で改善』

原因不明で治療法がなく多くの患者さんが回復をあきらめていた難治性のむちうち症。東京脳神経センターで進む独自の治療で、めまい、動機、吐き気などの全身症状やうつ症状などの不定愁訴が大幅に改善しているという。その具体的な成果についてお話を伺った。

nobiletin_amino_plus_bannar_300.jpg
Doctors marche アンダカシー
Doctors marche

一般社団法人日本薬業研修センター漢方講座執筆・編…

笹尾真波

新宿大腸クリニック院長。1988年、東京大学医学…

後藤利夫

小笠原記念札幌病院腎臓内科。日本中毒学会認定クリ…

横山隆