吉岡里帆&田中圭、ドラマ『健康で文化的な最低限度の生活』で迫る生活保護の現実

この記事のキーワード : 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

吉岡里帆と田中圭は生活保護のリアルに迫れるか?

 ドラマ『健康で文化的な最低限度の生活』の原作は、雑誌『ビッグコミックスピリッツ』に掲載の柏木ハルコによる人気コミック。すでに単行本6冊が刊行され、豊富な取材に基づくリアルな描写やストーリーは高い評価を得ている。

 ドラマで主人公の新人ケースワーカー「義経えみる」を演じるのは吉岡里帆。『きみが心に棲みついた』(TBS系)に続く、連続ドラマ主演となる。

 「水着グラビアはやりたくなかった」と下積み時代を吐露したことでも知られている吉岡だが、18歳から唐十郎の舞台などに立つ演技志向。シビアなテーマに迫る今回のドラマでは、その実力をいかんなく発揮してほしい。

 そして、義経の上司である「京極大輝係長」役は田中圭。人気ドラマ『おっさんずラブ』(テレビ朝日系)で、男性から好意を寄せられる会社員を絶妙に演じ、多くの女性の支持を得た。

 田中扮する上司・京極は、財政への意識が高く、受給者に厳しいキャラクター設定だ。今が旬の彼の配役によって、ドラマの視聴層の幅が広がり、貧困や生活保護の現実に関心をもつ人が増えてほしい。

 とかくテレビドラマは、小綺麗な場面作りをしてしまうもの。生活保護受給者の支援にあたるケースワーカーの世界をどこまでリアルに見せてくれるのか、一抹の不安はある。

 だが、生活保護という、なにかとネガティブなイメージがもたれがちなテーマが、ゴールデンタイムのドラマでクローズアップされる意義は大きい。この異色のドラマのスタートに期待を寄せたい。
(文=編集部)

胃の不快感の多くは実は「機能性ディスペプシア」という病気
日本初の『胃弱外来』開設」後編:巣鴨駅前胃腸内科クリニック・神谷雄介院長

前編『大病院を転々した末にたどり着く「胃弱外来」 初診から約1カ月で8割の患者の症状が改善』

胃痛やもたれ、むかつきなどの症状があっても、検査の結果異常がないと診断され悩みを抱える患者さんが少なくない。こうした胃の悩みを抱える人たちのために開設したのが胃弱外来。患者さんの多くは新しく認知された『機能性ディスペプシア』や『胃食道逆流炎症』などの疾患だ。その具体的な治療法について話を伺った。

Doctors marche アンダカシー
Doctors marche

くにたち駅前眼科クリニック院長。1986年、東京…

高橋現一郎

近畿大学理工学部生命科学科ゲノム情報神経学准教授…

西郷和真

フィットネスアドバイザー。JT東京男子バレーボー…

村上勇