吉岡里帆&田中圭、ドラマ『健康で文化的な最低限度の生活』で迫る生活保護の現実

この記事のキーワード : 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

吉岡里帆と田中圭は生活保護のリアルに迫れるか?

 ドラマ『健康で文化的な最低限度の生活』の原作は、雑誌『ビッグコミックスピリッツ』に掲載の柏木ハルコによる人気コミック。すでに単行本6冊が刊行され、豊富な取材に基づくリアルな描写やストーリーは高い評価を得ている。

 ドラマで主人公の新人ケースワーカー「義経えみる」を演じるのは吉岡里帆。『きみが心に棲みついた』(TBS系)に続く、連続ドラマ主演となる。

 「水着グラビアはやりたくなかった」と下積み時代を吐露したことでも知られている吉岡だが、18歳から唐十郎の舞台などに立つ演技志向。シビアなテーマに迫る今回のドラマでは、その実力をいかんなく発揮してほしい。

 そして、義経の上司である「京極大輝係長」役は田中圭。人気ドラマ『おっさんずラブ』(テレビ朝日系)で、男性から好意を寄せられる会社員を絶妙に演じ、多くの女性の支持を得た。

 田中扮する上司・京極は、財政への意識が高く、受給者に厳しいキャラクター設定だ。今が旬の彼の配役によって、ドラマの視聴層の幅が広がり、貧困や生活保護の現実に関心をもつ人が増えてほしい。

 とかくテレビドラマは、小綺麗な場面作りをしてしまうもの。生活保護受給者の支援にあたるケースワーカーの世界をどこまでリアルに見せてくれるのか、一抹の不安はある。

 だが、生活保護という、なにかとネガティブなイメージがもたれがちなテーマが、ゴールデンタイムのドラマでクローズアップされる意義は大きい。この異色のドラマのスタートに期待を寄せたい。
(文=編集部)

睡眠障害治療の新たな幕開け!個人に必要な睡眠の「量」と「質」を決める遺伝子を探せ
インタビュー「睡眠障害治療の最前線」後編:筑波大学国際統合睡眠医科学研究機構・佐藤誠教授

前編『『人間の「脳」は7時間程度の睡眠が必要! 本当のショートスリーパーは100人に1人程度!?』』

ひとくちに睡眠障害といっても、さまざまな症状がある。1990年代後半から脳内に眠気を誘う「睡眠物質」を探す研究にスポットライトが当たり、2018年からは睡眠の質と量を決める遺伝子の解析も進められている。今回は睡眠障害について、筑波大学国際統合睡眠医科学研究機構の佐藤誠教授に話しを聞いた。

Doctors marche アンダカシー
Doctors marche

精神保健福祉士。フリージャーナリスト。1977年…

里中高志

医療法人社団 三喜会 理事長、鶴巻温泉病院院長。…

鈴木龍太

フリージャーナリスト。1949年、東京都生れ。法…

郡司和夫