吉岡里帆&田中圭、ドラマ『健康で文化的な最低限度の生活』で迫る生活保護の現実

この記事のキーワード : 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

吉岡里帆と田中圭は生活保護のリアルに迫れるか?

 ドラマ『健康で文化的な最低限度の生活』の原作は、雑誌『ビッグコミックスピリッツ』に掲載の柏木ハルコによる人気コミック。すでに単行本6冊が刊行され、豊富な取材に基づくリアルな描写やストーリーは高い評価を得ている。

 ドラマで主人公の新人ケースワーカー「義経えみる」を演じるのは吉岡里帆。『きみが心に棲みついた』(TBS系)に続く、連続ドラマ主演となる。

 「水着グラビアはやりたくなかった」と下積み時代を吐露したことでも知られている吉岡だが、18歳から唐十郎の舞台などに立つ演技志向。シビアなテーマに迫る今回のドラマでは、その実力をいかんなく発揮してほしい。

 そして、義経の上司である「京極大輝係長」役は田中圭。人気ドラマ『おっさんずラブ』(テレビ朝日系)で、男性から好意を寄せられる会社員を絶妙に演じ、多くの女性の支持を得た。

 田中扮する上司・京極は、財政への意識が高く、受給者に厳しいキャラクター設定だ。今が旬の彼の配役によって、ドラマの視聴層の幅が広がり、貧困や生活保護の現実に関心をもつ人が増えてほしい。

 とかくテレビドラマは、小綺麗な場面作りをしてしまうもの。生活保護受給者の支援にあたるケースワーカーの世界をどこまでリアルに見せてくれるのか、一抹の不安はある。

 だが、生活保護という、なにかとネガティブなイメージがもたれがちなテーマが、ゴールデンタイムのドラマでクローズアップされる意義は大きい。この異色のドラマのスタートに期待を寄せたい。
(文=編集部)

難治性むちうち症からなぜ多くの不定愁訴がおきてしまうのか?
難治性のむちうち症を改善 後編 東京脳神経センター 整形外科・脊椎外科部長 川口浩医師

前編『画像診断できない難治性のむちうち症を独自の治療法で改善』

原因不明で治療法がなく多くの患者さんが回復をあきらめていた難治性のむちうち症。東京脳神経センターで進む独自の治療で、めまい、動機、吐き気などの全身症状やうつ症状などの不定愁訴が大幅に改善しているという。その具体的な成果についてお話を伺った。

nobiletin_amino_plus_bannar_300.jpg
Doctors marche アンダカシー
Doctors marche

医療法人社団 顕歯会 デンタルみつはし 理事長…

三橋純

近畿大学理工学部生命科学科ゲノム情報神経学准教授…

西郷和真

小笠原記念札幌病院腎臓内科。日本中毒学会認定クリ…

横山隆