ヒトの脳は「脂質+糖質」を好む! ファストフード・加工食品が食欲をハイジャック

この記事のキーワード : 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

脂質と糖質を多く含む食品は食欲を「ハイジャック」

 この結果についてSmall氏は、「脳内の報酬系は単純にカロリー量の増加に応じて活性化するわけではないことが分かり驚いた」と話す。

 また今回の研究では、脂質が多い食品のカロリーを推測できる人は多いが、糖質が多い食品のカロリーを推測できる人は少ないことも明らかになった。

 このことから同氏は「多くの人は、脂質と糖質の両方を含む食品から正確にカロリーを推測することは難しいと思われる」と述べている。

 Small氏は、脂質と糖質を多く含む食品は、ヒトの食欲を司るシグナルを「ハイジャックする」と表現する。

 「現代人が食べるほとんどの食品は、脂質と糖質の両方を多く含んでいる。こうした食品は、母乳を除けば自然界には存在しない」

 「現代的なこれらの食品が脳内の報酬系のシグナル伝達をより増強するのなら、肥満や糖尿病が蔓延していることの説明がつく可能性がある」との見方を示している。

 専門家の一人で米レノックス・ヒル病院肥満外科部長のMitchell Roslin氏は、この研究結果についてこうコメントしている。

 「食べ過ぎに気づかずに、スナック菓子を一袋食べてしまう理由となるものだ。消費者には、自分の空腹感や満腹感に従うのではなく、適切な食品を選ぶように啓発する必要がある」

 また米ロサンゼルスの管理栄養士であるMascha Davis氏は、「ドライフルーツやナッツなどを含む健康に良いおやつを常備しておけば、脂質と糖質を同時に摂取でき、満腹感も得られる」とアドバイスしている。
(文=編集部)

難治性むちうち症からなぜ多くの不定愁訴がおきてしまうのか?
難治性のむちうち症を改善 後編 東京脳神経センター 整形外科・脊椎外科部長 川口浩医師

前編『画像診断できない難治性のむちうち症を独自の治療法で改善』

原因不明で治療法がなく多くの患者さんが回復をあきらめていた難治性のむちうち症。東京脳神経センターで進む独自の治療で、めまい、動機、吐き気などの全身症状やうつ症状などの不定愁訴が大幅に改善しているという。その具体的な成果についてお話を伺った。

nobiletin_amino_plus_bannar_300.jpg
Doctors marche アンダカシー
Doctors marche

小笠原記念札幌病院腎臓内科。日本中毒学会認定クリ…

横山隆

医療法人社団 顕歯会 デンタルみつはし 理事長…

三橋純

近畿大学理工学部生命科学科ゲノム情報神経学准教授…

西郷和真