シリーズ「美味しいローカーボ生活のススメ」第1回

簡単でおいしい糖質制限の秘訣~話題の「ローカーボ」は居酒屋メニューでチャレンジ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

オススメは居酒屋メニュー!?

 「糖質制限」が注目されたせいで、従来の食事内容から「炭水化物を減らす」ことに意識が傾き、栄養失調のような状態になる人は少なくありません。これまでの常識である「低カロリー=ヘルシー」を無意識に行い、「糖質制限」加えると、必要なエネルギー不足に陥ります。

 そこで、ローカーボで大切なポイントは、タンパク質や脂質を意識して摂ることです。

 中には「大好きな炭水化物はやめられない!」と尻込みする人がいるかもしれません。でも、大丈夫。炭水化物が脂肪に変わりやすい夕食だけ、ご飯やパン、麺類を減らすことからでも、スタートできます。

 わかりやすいイメージは、「居酒屋メニューのおかず」。意外なことに、居酒屋メニューはローカーボにトライしやすいのです。そう考えると、簡単に思えてきませんか?

 枝豆、シーザーサラダ、グリーンサラダ、厚焼き玉子、焼き鳥、刺身、鍋、冷奴……これまでのカロリー制限に比べて、ローカーボは幅広い選択肢があります。

 定食屋さんでも「ご飯を少なめに!」とオーダーすれば、これだけでローカーボ! 昼食はご飯を減らし、夜は居酒屋のおかずメニュー。ローカーボを意識した食生活にトライしてみてください。私自身の体験からも、カラダの不調が改善してきますよ。
(文=藤本なおよ)


簡単でおいしい糖質制限の秘訣~話題の「ローカーボ」は居酒屋メニューでチャレンジの画像2

藤本なおよ(ふじもと・なおよ)
ローカーボ料理研究家。幼少期から身体が弱く、さまざまな不定愁訴を「ローカーボ(糖質制限)」の食事で克服。「人の身体と心は食事でできる」ことを伝えたいと思い、2014年、ローカーボ料理教室を開催。これまでに、ローカーボ料理研究家として2000名以上に指導。レシピ提供・企業のレシピ開発・セミナー講師などで活動中。著書に『世界一おいしいダイエット』(repicbook)WEBサイト「ローカーボランド」

美容界で異彩を放つ「炭酸ジェルパック」とは?細胞からのアンチエイジングとケアが大切
インタビュー「炭酸美容とはなにか?」後編:メディオン美容皮膚クリニック院長・日置正人氏

前編『炭酸ケアの第一人者、褥創の治療経験から生まれた「炭酸ジェルパック」』

美容の世界でも異彩を放つっている「炭酸ジェルパック」。 皮膚科・内科の医師として長年、炭酸の医療的な研究に携わり、その研究の成果として画期的な美容素材「炭酸ジェル」を開発した日置正人医師に、その開発の過程や効果について聞いた。

Doctors marche アンダカシー
Doctors marche

医療法人社団 三喜会 理事長、鶴巻温泉病院院長。…

鈴木龍太

フリージャーナリスト。1949年、東京都生れ。法…

郡司和夫

小笠原記念札幌病院腎臓内科。日本中毒学会認定クリ…

横山隆