プールで死に至る病気に感染する可能性!お腹を壊した人は入場禁止にすべき?

この記事のキーワード : 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

感染防止は、お腹を壊している人の入場禁止!?

 また、上記の3大感染源を罹患者数で照らし合わせば、①が89%、②が3%、③が4%という数値だった。米国ニューヨーク大学ランゴン医療センターのMarc Siegel教授は言う。

 「プールなどの水は言うまでもなく、十分に浄化して塩素処理を行なわないといけない。もちろん、フィルターは定期的に交換し、水を循環させることが必要不可欠だ」

 業者サイドは「水質検査の結果を念入りに確認」し、「試験紙を用いて塩素濃度を確認する」義務がある。Siegel教授はそう指摘し、加えて各施設の利用者サイドも「病原体を拡散させないように努める責任がある」と警鐘を鳴らしている。

 では、利用者側はどのような注意をはらって、夏場のプールや水遊び場を楽しめばいいのだろうか。前掲のCDDが助言している一般利用客のための「感染防止対策」から、ママ族に身近な例を挙げておこう。

●子どもが下痢をしている場合、プールに入らせることを慎む。

●クリプトスポリジウム症に罹った場合、下痢が止まってから2週間が経過するまではプールに入れない。

●子どもをトイレに行かせる機会を設ける。おむつに関してはプールから離れた場所での交換を心掛ける。

●万人共通でプールの水を呑み込まない。

 もちろん、下痢の症状やその悪影響ぶりに男女差も年齢差もないだろう。どんなに夏が待ち遠しくても、どれほど水が恋しくても、あるいはインスタ映えの夏ネタを人一倍早くゲットしたくても、お腹を壊しているうちは我慢我慢。

 その間は大・大・大好きなかき氷も自粛して、読書の夏で回復を待つのも一案かも。
(文=編集部)

HIVも予防できる 知っておくべき性感染症の検査と治療&予防法
世界的に増加する性感染症の実態 後編 あおぞらクリニック新橋院内田千秋院長

前編『コロナだけじゃない。世界中で毎年新たに3億7000万人超の性感染症』

毎年世界中で3億7000万人超の感染者があると言われる性感染症。しかも増加の傾向にある。性感染症専門のクリニックとしてその予防、検査、治療に取り組む内田千秋院長にお話を伺った。

nobiletin_amino_plus_bannar_300.jpg
Doctors marche アンダカシー
Doctors marche

あおぞらクリニック新橋院院長。1967年、大阪市…

内田千秋

(医)スターセルアライアンス スタークリニック …

竹島昌栄

ジャーナリスト、一般社団法人日本サプリメント協会…

後藤典子