虫歯はないのに歯が痛む「非歯原性歯痛」~慢性的な歯痛は「耳回し療法」でセルフケア

この記事のキーワード : 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「耳を回す」と不快な歯痛が改善!

 耳たぶを引っ張って回すことで血行がよくなり、過度に緊張している顎周辺や側頭部の筋肉をゆるめることができるという。実際に患者に指導したところ、慢性的な歯や顎の痛み、さらには偏頭痛や肩凝りなども解消しているそうだ。

 「面白いことに、噛みしめの問題がない人は、耳を回しても、ぜんぜん痛くないものです。ところが、噛みしめが習慣化している人は、かなり強い痛みを感じます。けれど、続けているうちに、耳の周辺や頭の中心あたりがポカポカと温まり、心地よくなってくると思います。口が開きやすくなる感覚を覚える人も多いです」(山嵜院長)

 「『耳回し』は虫歯の予防にも有効です。噛みしめ癖がある人は、歯に余計な負担がかかって、歯の表面に傷ができたり、歯と歯ぐきの境目が削れたりします。そこから細菌が侵入しやすいため、虫歯にもなりやすいのです。ですから、口腔ケアの一環として『耳回し』を行うのもいいでしょう」(山嵜院長)

●「耳回し」のやりかた


mimitabu.01.jpg
慢性的な歯痛に試してみたい「耳回し」

①椅子に腰かけてリラックスし、両耳の耳たぶを左右の手の親指と人差し指で軽くつまむ。

②両耳の耳たぶを同時に時計回りに回す。上や下に引っ張るのでなく、大きく円を描くようにするのがコツ。ゴリゴリ、カチカチといった音が聞こえたり、痛みがあったりする場合、無理のない範囲で回す。1秒に1回転くらいの速さで、大きく回す。1回30秒程度が目安。

③慣れてきたら、回す早さを速くしたり、遅くしたり変えてみるのもいい。反時計回りや、耳の上部や真ん中を持って回すのも効果的。

 虫歯でもないのに慢性的な歯痛に悩まされている人は、ぜひ試してほしい。
(取材・文=山本太郎)

山嵜智浩(やまざき ともひろ)
日本大学歯学部卒業。2010年、東京都東大和市にかしの木歯科医院開業。「抜かない・削らない・痛くない」をモットーにした診察を行っている。

難治性むちうち症からなぜ多くの不定愁訴がおきてしまうのか?
難治性のむちうち症を改善 後編 東京脳神経センター 整形外科・脊椎外科部長 川口浩医師

前編『画像診断できない難治性のむちうち症を独自の治療法で改善』

原因不明で治療法がなく多くの患者さんが回復をあきらめていた難治性のむちうち症。東京脳神経センターで進む独自の治療で、めまい、動機、吐き気などの全身症状やうつ症状などの不定愁訴が大幅に改善しているという。その具体的な成果についてお話を伺った。

nobiletin_amino_plus_bannar_300.jpg
Doctors marche アンダカシー
Doctors marche

大阪大学大学院言語文化研究科教授。米国ウィスコン…

杉田米行

一般社団法人日本薬業研修センター漢方講座執筆・編…

笹尾真波

新宿大腸クリニック院長。1988年、東京大学医学…

後藤利夫