シリーズ「DNA鑑定秘話」第61回

「科捜研の女」放送200回 科学捜査に信念とプライドを燃やす沢口靖子の怪演

この記事のキーワード : 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

マリコが活躍している科捜研の仕事は何だろう?

「科捜研」を調べてみよう。

 警視庁(東京都)と道府県警察本部刑事部に設置される科学捜査研究所(科捜研)は、警察庁科学警察研究所(科警研)と連携しつつ、科学捜査の研究と鑑定業務に携わり、科学捜査を底辺から支えている。科警研は警察庁の附属機関、科捜研は警視庁と道府県警察本部の付属機関だ。

 マリコの働く京都府警科学捜査研究所(科捜研)もそうだが、研究員は10~70人程度で大所帯は少ない。

 研究員は警察行政職員。警察官でないので、捜査権はない。それぞれの専門知識や技術を応用し、犯罪現場から採取した血液などを検査したり、鑑識技術を向上するための研究開発を行う。

 科捜研が取り組む研究と鑑定業務は、法医学(生物科学)から心理学、文書、物理学(工学)、化学まで守備範囲が広い。それぞれの研究と鑑定業務は最先端の科学技術を投入し、大学や企業などの研究機関、科警研、国内学会、国際学会と連携・協力しながら進められる。

現場の血痕のルミノール反応からホシが割れる!

 まず、マリコが担当する法医学(生物科学)分野。犯罪現場に残された血液・体液・毛髪・骨・組織などの検体を分子生物学・生化学・遺伝子工学・生物工学などの検査手法を駆使し、血液型検査やDNA型鑑定を行う。

 マリコが犯罪現場でルミノール反応を進めるシーンがよくある。容疑者が逃亡後に現場に残した血痕からルミノール反応を調べ、血液のDNA型鑑定をすれば、真犯人が特定できるからだ。

 血痕の色は時間の経過とともに褐色から黄色と退色するため、目視で判断できない。だが、ルミノールに過酸化水素水を加えると、青白く発光するルミノール反応を起こすため、微量の血液でも検出できるのだ。
 
 かつて足利事件や飯塚事件では、低精度のDNA鑑定によって重大な冤罪悲劇を引き起こした。その反省に立ち、2010年に警察庁はおよそ30億円を投入し、47都道府県の科捜研に最先端のDNA型解析ソフト「ジェネティックアナライザー(DNA抽出機器)」を稼働させた。

 以来、DNA鑑定の精度は、一致率(本人特定率)4兆7000億人に1人という高水準にまで向上している。

 裁判員制度の発足後は、物証の重要性がますます増しているため、法医学分野の鑑定委託件数は右肩上がりに急増している。だが、鑑定人は高度な熟練と技術が求められるので、マリコのようなエキスパートの育成には長い時間と膨大な費用が必要になる。

胃の不快感の多くは実は「機能性ディスペプシア」という病気
日本初の『胃弱外来』開設」後編:巣鴨駅前胃腸内科クリニック・神谷雄介院長

前編『大病院を転々した末にたどり着く「胃弱外来」 初診から約1カ月で8割の患者の症状が改善』

胃痛やもたれ、むかつきなどの症状があっても、検査の結果異常がないと診断され悩みを抱える患者さんが少なくない。こうした胃の悩みを抱える人たちのために開設したのが胃弱外来。患者さんの多くは新しく認知された『機能性ディスペプシア』や『胃食道逆流炎症』などの疾患だ。その具体的な治療法について話を伺った。

Doctors marche アンダカシー
Doctors marche

くにたち駅前眼科クリニック院長。1986年、東京…

高橋現一郎

近畿大学理工学部生命科学科ゲノム情報神経学准教授…

西郷和真

フィットネスアドバイザー。JT東京男子バレーボー…

村上勇