シリーズ「DNA鑑定秘話」第61回

「科捜研の女」放送200回 科学捜査に信念とプライドを燃やす沢口靖子の怪演

この記事のキーワード : 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

マリコが活躍している科捜研の仕事は何だろう?

「科捜研」を調べてみよう。

 警視庁(東京都)と道府県警察本部刑事部に設置される科学捜査研究所(科捜研)は、警察庁科学警察研究所(科警研)と連携しつつ、科学捜査の研究と鑑定業務に携わり、科学捜査を底辺から支えている。科警研は警察庁の附属機関、科捜研は警視庁と道府県警察本部の付属機関だ。

 マリコの働く京都府警科学捜査研究所(科捜研)もそうだが、研究員は10~70人程度で大所帯は少ない。

 研究員は警察行政職員。警察官でないので、捜査権はない。それぞれの専門知識や技術を応用し、犯罪現場から採取した血液などを検査したり、鑑識技術を向上するための研究開発を行う。

 科捜研が取り組む研究と鑑定業務は、法医学(生物科学)から心理学、文書、物理学(工学)、化学まで守備範囲が広い。それぞれの研究と鑑定業務は最先端の科学技術を投入し、大学や企業などの研究機関、科警研、国内学会、国際学会と連携・協力しながら進められる。

現場の血痕のルミノール反応からホシが割れる!

 まず、マリコが担当する法医学(生物科学)分野。犯罪現場に残された血液・体液・毛髪・骨・組織などの検体を分子生物学・生化学・遺伝子工学・生物工学などの検査手法を駆使し、血液型検査やDNA型鑑定を行う。

 マリコが犯罪現場でルミノール反応を進めるシーンがよくある。容疑者が逃亡後に現場に残した血痕からルミノール反応を調べ、血液のDNA型鑑定をすれば、真犯人が特定できるからだ。

 血痕の色は時間の経過とともに褐色から黄色と退色するため、目視で判断できない。だが、ルミノールに過酸化水素水を加えると、青白く発光するルミノール反応を起こすため、微量の血液でも検出できるのだ。
 
 かつて足利事件や飯塚事件では、低精度のDNA鑑定によって重大な冤罪悲劇を引き起こした。その反省に立ち、2010年に警察庁はおよそ30億円を投入し、47都道府県の科捜研に最先端のDNA型解析ソフト「ジェネティックアナライザー(DNA抽出機器)」を稼働させた。

 以来、DNA鑑定の精度は、一致率(本人特定率)4兆7000億人に1人という高水準にまで向上している。

 裁判員制度の発足後は、物証の重要性がますます増しているため、法医学分野の鑑定委託件数は右肩上がりに急増している。だが、鑑定人は高度な熟練と技術が求められるので、マリコのようなエキスパートの育成には長い時間と膨大な費用が必要になる。

睡眠障害治療の新たな幕開け!個人に必要な睡眠の「量」と「質」を決める遺伝子を探せ
インタビュー「睡眠障害治療の最前線」後編:筑波大学国際統合睡眠医科学研究機構・佐藤誠教授

前編『『人間の「脳」は7時間程度の睡眠が必要! 本当のショートスリーパーは100人に1人程度!?』』

ひとくちに睡眠障害といっても、さまざまな症状がある。1990年代後半から脳内に眠気を誘う「睡眠物質」を探す研究にスポットライトが当たり、2018年からは睡眠の質と量を決める遺伝子の解析も進められている。今回は睡眠障害について、筑波大学国際統合睡眠医科学研究機構の佐藤誠教授に話しを聞いた。

Doctors marche アンダカシー
Doctors marche

精神保健福祉士。フリージャーナリスト。1977年…

里中高志

医療法人社団 三喜会 理事長、鶴巻温泉病院院長。…

鈴木龍太

フリージャーナリスト。1949年、東京都生れ。法…

郡司和夫