シリーズ「AIと医療イノベーション」第24回

「IoT」を医療やヘルスケアに特化した「IoMT」は未来の医療を激変させる

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

IoMTは3050億ドル(32兆3300億円)もの膨大な医療費の削減効果を生む!

 ニューヨークに本社がある国際金融グループのゴールドマン・サックス社は、2015年6月に発表した「米国の医療業界のIoT活用におけるデジタル化動向に関する報告書」で、 IoMTのベネフィットを「遠隔監視」「遠隔医療」「行動修正」の3大カテゴリーに集約している。

IoMTなら「遠隔監視」できるので、世界中のどこにいても常時、患者は医師や介護者に直結できる。たとえば、糖尿病患者は常に血糖値を監視しながら、データをスマートフォンを使ってルーティング(制御)し、医師と電話やビデオ会議を介してリアルタイムでコミュニケーションをとりつつ、医師の処方やアドバイスを正確に確認できる。

 その結果、患者の病気への関与意識や治療を選択する能力が強化され、アドヒアランス(服薬遵守)が高まり、予防へのモチベーションが向上するので、患者のケアの改善につながる。   

 その結果として、IoMTによる「遠隔医療」は、高コストの救急医療への患者の依存を減らし、医薬品の服用、適切な栄養管理、運動のスケジュールなどを適切にサポートできるので、患者の行動変容や「行動修正」を促す重要な役割を果たせるというのだ。

 ゴールドマン・サックス社の推計によると、 IoMTは将来的に3050億ドル(32兆3300億円)以上の医療費の削減につながると予測。

 特に「遠隔監視」は、米国の医療支出のおよそ3分の1を占める心臓病、喘息、糖尿病などの慢性疾患患者のケアにかかる2,000億ドル(21兆2000億円)もの膨大なコストをカットできると見込んでいる。

睡眠障害治療の新たな幕開け!個人に必要な睡眠の「量」と「質」を決める遺伝子を探せ
インタビュー「睡眠障害治療の最前線」後編:筑波大学国際統合睡眠医科学研究機構・佐藤誠教授

前編『『人間の「脳」は7時間程度の睡眠が必要! 本当のショートスリーパーは100人に1人程度!?』』

ひとくちに睡眠障害といっても、さまざまな症状がある。1990年代後半から脳内に眠気を誘う「睡眠物質」を探す研究にスポットライトが当たり、2018年からは睡眠の質と量を決める遺伝子の解析も進められている。今回は睡眠障害について、筑波大学国際統合睡眠医科学研究機構の佐藤誠教授に話しを聞いた。

Doctors marche アンダカシー
Doctors marche

医療法人社団 三喜会 理事長、鶴巻温泉病院院長。…

鈴木龍太

フリージャーナリスト。1949年、東京都生れ。法…

郡司和夫

小笠原記念札幌病院腎臓内科。日本中毒学会認定クリ…

横山隆