シリーズ「傑物たちの生と死の真実」第26回

ミッフィーの生みの親ディック・ブルーナ89歳の天寿 「老衰」とは何か?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

老衰は日本の死亡者数のうちの4.8%(死亡原因の第5位)

 「寿命が来た」「寿命が尽きた」などと人は言う。古今東西、歴史を紐解けば、ダヴィンチ、ミケランジェロなど、長命長寿で人生を謳歌した芸術家が少なくない。ブルーナもその隊列に加わった。死亡診断書に記された死因の「老衰」とは何だろう?

 年を重ねれば、誰もが老化する。老化に伴って細胞や組織のホメオスタシス(生体恒常性)が減衰し、多臓器不全に陥るため、生命活動の維持が困難になる、それが老衰の原因だ。

 老衰死と判断された場合は、死亡診断書に「老衰」と記載する。心不全、心筋梗塞、脳卒中、肺炎などによる死亡と診断された場合は、死亡診断書に疾患名を直接的死亡原因として記載する。

 世界保健機関(WHO)も厚生労働省も、老衰を死亡原因として認定・分類している。老衰は、2012年の日本の死亡者数のうちの4.8%(死亡原因の第5位)。90歳代前半の死亡者数のうちの11.0%(同第5位)、90歳代後半の死亡者数のうちの18.7%(同第2位)、100歳以上の死亡者数のうちの31.6%(同第1位)を、それぞれ占めている(厚生労働省平成26年 我が国の人口動態 平成24年までの動向 性・年齢階級別にみた死因順位)。

老衰の比率が高い市区町村ほど医療費が低い

 日本経済新聞社の調査によれば、市区町村別の後期高齢者(75歳以上)1人当たりの年間医療費と厚労省の老衰死比率データ(2008~2012年)を分析した。

 その結果、死因に占める老衰の比率が高い市区町村ほど医療費が低く、老衰で死亡するまでの介護費が増える傾向も少ないと公表した(「老衰多いと医療費低く 男性最多は茅ケ崎市 全国平均を14万円下回る 日経調査」『日本経済新聞』朝刊2017年12月25日)。つまるところ、「ピンピン、コロリ」が国策の大理想となる。

死期が近づくとホメオスタシスが減衰し、体重や食事量の減少が避けられない

 老衰死のエポックは多い。たとえば、NHKスペシャル『老衰死 穏やかな最期を迎えるには』(2015年9月20日放送)を見よう。報道によれば、平均年齢90歳の高齢者約100人が生活する東京・世田谷の特別養護老人ホーム「芦花(ろか)ホーム」の石飛幸三医師は、同番組で次のように指摘する。

 「老衰死とは直接の死因となる病を持たず、老いによる身体機能の低下で死を迎えることです。共通する特徴は『食べる』という機能が低下することで、それが身体全体の機能を低下させていく。平均寿命(男性80.5歳、女性86.8歳)あたりが老衰死を迎える年齢の目安になります」
 
 また、2013年に東京有明医療大学の研究者が介護保険施設で亡くなった約100人の高齢者のデータ(1日に摂取したカロリー量とBMI(体重を身長の2乗で割った値)の変化)を収集・分析した。その結果、毎日一定量のカロリーを摂取している高齢者でも、死を迎える5~6年前から体重が減り続けていた。

 老衰のメカニズムを研究するジョンズ・ホプキンス大学のニール・フェダーコ教授によると、体重減少の機序は、こうだ――。年齢を重ねるにつれて体内の細胞数が減少→栄養素を吸収する小腸の組織や筋肉などが萎縮→小腸の襞状が萎縮→摂取した食事の栄養を体内に取り込めない→体重が減少する。

 また、老化した細胞から「炎症性サイトカイン」と呼ぶ免疫物質が大量に発生すると、周辺の細胞の老化が促され、体内の臓器や細胞が慢性的な炎症状態に陥るので、細胞の機能低下が起こる。その帰結として、筋肉が炎症するに伴い、運動機能が衰え、肺を動かす筋肉の炎症が呼吸機能の低下を招くことから、生命活動の維持がますます困難になる。

 このような老化と老衰のメカニズに基づけば、ブルーナの高齢を考えると、ブルーナも死期が近づくにつれて、体重の激減や食事量の減少が避けられなかったのかもしれない。

難治性むちうち症からなぜ多くの不定愁訴がおきてしまうのか?
難治性のむちうち症を改善 後編 東京脳神経センター 整形外科・脊椎外科部長 川口浩医師

前編『画像診断できない難治性のむちうち症を独自の治療法で改善』

原因不明で治療法がなく多くの患者さんが回復をあきらめていた難治性のむちうち症。東京脳神経センターで進む独自の治療で、めまい、動機、吐き気などの全身症状やうつ症状などの不定愁訴が大幅に改善しているという。その具体的な成果についてお話を伺った。

nobiletin_amino_plus_bannar_300.jpg
Doctors marche アンダカシー
Doctors marche

医療法人社団 顕歯会 デンタルみつはし 理事長…

三橋純

近畿大学理工学部生命科学科ゲノム情報神経学准教授…

西郷和真

小笠原記念札幌病院腎臓内科。日本中毒学会認定クリ…

横山隆