本能で楽しむ医療ドラマ主義宣言! 第4回

『アンナチュラル』 死体が語る、くも膜下出血の本当の原因と発症時期の真実

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

労災認定? 時給100円以下だった私の研修医時代

 そして、今回はたくさん登場してくれた、私のお気に入りのキャラクター、三澄夏代(薬師丸ひろ子)。本当にいい雰囲気出してましたね~。『原ちゃん』というドラマを見てから、薬師丸ひろ子の演技が好きです!

 そして、やっとミコトのキャラも立ってきましたね。どこか人生には冷めているけど、正義感をもって仕事を全う。迷いがなく、恐らくメニューは即決タイプ。軽くオヤジっぽさも今回は出ていた様な(笑)。第一回はどうしても『校閲の悦ちゃん』に見えてしまいましたが、気がついたらすっかり「ミコト」にしか見えず、私の中では、「ミコトならこう言うかな?」という想像までできる感じになってきました。

 ここからどんどん話が急激に展開して行きそうですね。第4回と5回でフォレスト葬儀社の木林と中堂の関係性、その過去がどどっと見えてきて、人間関係が複雑になってきそうな気がします…。

 今回、過労死か否か大きなテーマでした。大学病院に勤めていた時、同期の医師とお互いに「今、私たちが死んだら、お互いに労災申請しよう」と、取り決めをしていたことがありました。とことん闘ってあげる!とか言っちゃって。

 研修医時代は、安いお給料でとにかく経験を積むために病院に入り浸って仕事をしておりました。空いた夜は当直のバイトでお金を作っていました。それでも時給計算で100円を下回っていた時には唖然! このままでは自分たちは病気になってしまう、と本気で焦ったのです。

 今の研修医制度ではお給料も休暇もある程度確保されてる…らしいので私の時代とはかなり違っているようです。若い医師の指導もしている主人も「あいつら、さくっと帰さないといけないからなあ~」とぼやいていることもあります。若い働き手を確保するために、医局も優しく魅力的な勧誘・接待をしていると聞くと、微妙な気持ちにもなってしまう。

「あの時、なぜ労災申請にこだわったのかな~?」と今回のアンナチュラルを見てふと思い返してしまいました。

『アンナチュラル』 死体が語る、くも膜下出血の本当の原因と発症時期の真実の画像2

井上留美子(いのうえ・るみこ)
松浦整形外科院長
東京生まれの東京育ち。医科大学卒業・研修後、整形外科学教室入局。長男出産をきっかけに父のクリニックの院長となる。自他共に認める医療ドラマフリーク。日本整形外科学会整形外科認定医、リハビリ認定医、リウマチ認定医、スポーツ認定医。
自分の健康法は笑うこと。現在、予防医学としてのヨガに着目し、ヨガインストラクターに整形外科理論などを教えている。シニアヨガプログラムも作成し、自身のクリニックと都内整形外科クリニックでヨガ教室を開いてい。現在は二人の子育てをしながら時間を見つけては医療ドラマウォッチャーに変身し、joynet(ジョイネット)などでも多彩なコラムを執筆する。

シリーズ「本能で楽しむ医療ドラマ主義宣言!」 バックナンバー

難治性むちうち症からなぜ多くの不定愁訴がおきてしまうのか?
難治性のむちうち症を改善 後編 東京脳神経センター 整形外科・脊椎外科部長 川口浩医師

前編『画像診断できない難治性のむちうち症を独自の治療法で改善』

原因不明で治療法がなく多くの患者さんが回復をあきらめていた難治性のむちうち症。東京脳神経センターで進む独自の治療で、めまい、動機、吐き気などの全身症状やうつ症状などの不定愁訴が大幅に改善しているという。その具体的な成果についてお話を伺った。

nobiletin_amino_plus_bannar_300.jpg
Doctors marche アンダカシー
Doctors marche

医療法人社団 顕歯会 デンタルみつはし 理事長…

三橋純

近畿大学理工学部生命科学科ゲノム情報神経学准教授…

西郷和真

小笠原記念札幌病院腎臓内科。日本中毒学会認定クリ…

横山隆