バレンタインで注目「ルビーチョコレート」 チョコにはお通じ改善や細胞の若返り効果

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

鈴木奈々さんもアーモンドチョコで美肌に!?

 今年の1月17日に有楽町の国際フォーラムで行なわれたチョコレートフォーラムでは、タレントの鈴木奈々さんが登場して、自らの体験を報告した。鈴木さんは、1日に25gの高カカオチョコレートを2週間食べたら、「お通じがよくなった」という。

 便秘が解消されたことで肌の調子もよくなり、旦那さんに「肌がきれい」と褒められたと喜んでいた。

 その体験を実証するように、帝京大学の古賀仁一郎教授と、慶応大学の井上浩義教授も、チョコレートの健康効果について報告した。

 古賀教授によれば、カカオ分72%の高カカオチョコレートを1日に25g2週間食べたところ、排便回数が増え、排便量も2倍以上に増えたという。さらに、長寿の人の腸内に多くいて長寿菌と呼ばれているフィーカリバクテリウムが増えていた。

 さらに井上教授の行なった実験では、カカオ分70%のアーモンドチョコを1日に8粒、8週間継続的に食べた結果、便通回数と便量が増え、胃腸の状態や肌の乾燥が改善。皮膚の角質(皮膚のいちばん外側にあるある硬い外皮)の水分量も増えていた。

ポリフェノールが細胞を若返らせる

 イギリスのエクスター大学とブライトン大学の研究グループによると、チョコレートのポリフェノールによって、年老いた細胞を若返らせることに成功したという。

 われわれの細胞の中にあるDNA(遺伝子)は、細胞分裂のたびに複製される。しかし、染色体末端粒子である「テロメア」に限っては、すべてが複製されず、分裂のたびに少しずつ短くなっていくという。そして、テロメアが限界まで短くなると、それ以上の細胞分裂は不可能となる。

 しかし、チョコレートに含まれるポリフェノールの一つ(レスベラトロール類似体)を加えると、数時間でテロメアが復活した。つまり、年老いた細胞が若返ったのだ。

 チョコを食べて、そんな健康効果をかみしめて、じっくりと味を楽しみたい。
(文=編集部)

難治性むちうち症からなぜ多くの不定愁訴がおきてしまうのか?
難治性のむちうち症を改善 後編 東京脳神経センター 整形外科・脊椎外科部長 川口浩医師

前編『画像診断できない難治性のむちうち症を独自の治療法で改善』

原因不明で治療法がなく多くの患者さんが回復をあきらめていた難治性のむちうち症。東京脳神経センターで進む独自の治療で、めまい、動機、吐き気などの全身症状やうつ症状などの不定愁訴が大幅に改善しているという。その具体的な成果についてお話を伺った。

Doctors marche アンダカシー
Doctors marche

医療法人社団 顕歯会 デンタルみつはし 理事長…

三橋純

近畿大学理工学部生命科学科ゲノム情報神経学准教授…

西郷和真

小笠原記念札幌病院腎臓内科。日本中毒学会認定クリ…

横山隆