心臓手術は午後に行うと術後リスクが低い!体内時計の影響を受ける心臓の修復

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

概日リズムの不思議なメカニズム「ホメオスタシス(生体恒常性)」の神秘

 このような「午前より午後にアドバンテージあり」とする知見は、バイタル・データ(血糖値、血圧、心拍数、体温など)や概日リズムを重視する臨床現場では、よく見られる現象かもしれない。

 あらゆる生物に内在する概日リズムは、光、温度、食事などの外的刺激を受けると、約24時間周期で修正され、変動を繰り返している。

 つまり周期が乱れれば、24時間に同調しない周期となる(フリーラン)となるため、脳の視交叉上核の影響によって概日リズムが乱れ、時差ボケや睡眠障害につながりやすい。概日リズムの乱れによる時差ぼけは、海外旅行で誰もが経験しているように、重い疲労感、失見当識、不眠障害などに悩まされる。

 だが、概日リズムが長期的に乱れると健康が深く阻害されるので、決して侮れない。冒頭の記事で明らかなように、概日リズムの乱れは特に心血管障害を発生させるリスクが高いので、概日リズムを考慮して投薬すれば、薬効を高め、副作用を抑制できる。

 たとえば「アンジオテンシン変換酵素阻害薬 (ACE)」 は、夜間の血圧を降下させ、左心室の組織再構築(リモデリング)に効果があるとされる。

 また、概日リズムは、内分泌・代謝系や自律神経系にも影響を与える。たとえば「内因性カテコラミン」は、活動を開始する起床時~午前にかけて分泌されるので、早朝に血圧が高まる。だが、概日リズムを喪失すると、夜間に血圧が上昇する概日リズム障害を起こすため、高血圧が悪化しやすくなる。

 そのほか、概日リズムが乱れると、冠攣縮性狭心症なら副交感神経優位となる夕刻に発作が多くなる。気管支喘息なら日中に分泌される内因性ステロイドホルモンが減少する夕刻~明け方にかけて発作が強まる。また、糖尿病なら午前は午後よりもカテコラミンやステロイドの影響を受けるため、インスリン需要が高まるので、午前のインスリン注射が多くなる。

 このように、概日リズムが長期的・慢性的に乱れれば、重篤な健康障害を招きかねない。

 手術は午前か? 午後か? 概日リズムの不思議なメカニズム! 知れば知るほど、ヒトのホメオスタシス(生体恒常性)の神秘を感じるざるを得ない。
(文=編集部)

睡眠障害治療の新たな幕開け!個人に必要な睡眠の「量」と「質」を決める遺伝子を探せ
インタビュー「睡眠障害治療の最前線」後編:筑波大学国際統合睡眠医科学研究機構・佐藤誠教授

前編『『人間の「脳」は7時間程度の睡眠が必要! 本当のショートスリーパーは100人に1人程度!?』』

ひとくちに睡眠障害といっても、さまざまな症状がある。1990年代後半から脳内に眠気を誘う「睡眠物質」を探す研究にスポットライトが当たり、2018年からは睡眠の質と量を決める遺伝子の解析も進められている。今回は睡眠障害について、筑波大学国際統合睡眠医科学研究機構の佐藤誠教授に話しを聞いた。

Doctors marche アンダカシー
Doctors marche

医療法人社団 三喜会 理事長、鶴巻温泉病院院長。…

鈴木龍太

フリージャーナリスト。1949年、東京都生れ。法…

郡司和夫

小笠原記念札幌病院腎臓内科。日本中毒学会認定クリ…

横山隆