ドクター&ナースが愛好する健康法はヨガ? 心臓病には有酸素運動の組み合わせ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ヨガと有酸素運動の組み合わせで効果アップ

 10月19~21日にドバイで開催された「第5回首長国心臓病学会」では、「2型糖尿病を合併する心臓病患者」がヨガと有酸素運動を行ったら、血圧や血中脂質といった心臓病のリスクが低下した――と発表された。

 膵臓のβ細胞が壊れてインスリンが分泌されない「1型糖尿病」に対し、糖尿病になりやすい人が肥満・運動不足などをきっかけに発病するのが「2型糖尿病」である。

 発表を行った研究者は、「ヨガと有酸素運動を組み合わせると、精神的ストレスのほか、身体的ストレスや血管にかかる負荷も軽減し、心血管疾患による死亡率や罹患率の低下につながると考えられる」と述べている。

 今回の研究は、2型糖尿病を患い肥満でもある750人の冠動脈疾患患者を対象にしている。対象者を、有酸素運動(225人)、ヨガ(240人)、有酸素運動とヨガのどちらも行う(285人)の3グループに分け、それぞれ6カ月間継続してもらった。

 その結果、「有酸素運動」または「ヨガ」の「どちらかの一方」だけを行ったグループでは、血圧や総コレステロール、中性脂肪(トリグリセライド)、LDL(悪玉コレステロール)のほか、体重とウエスト周囲長が、どちらのグループも同じ程度に改善していた。

 ところが、「ヨガと有酸素運動」を組み合わせて行うと、単独で行った場合と比べて、血圧や脂質、体重などが低下した値は2倍。さらに心機能と運動能力にも有意な向上が認められた。

 このような心臓病をはじめとした生活習慣病、認知症やうつなどの予防・改善に関係するヨガの研究報告が盛んに行われている。こうなったらもう、ヨガをやるしかないだろう。

 体のカタい人でもあきらめる必要はない。むしろ、体がカタければヨガへの集中度が高まるので、効果も高まるとヨガインストラクターは語っていた。

 寒くなって運動力が減りがちになるシーズン。無理のない範囲で、ヨガやウオーキングなどの有酸素運動を生活に取り入れてはいかがだろうか。
(文=森真希)

森真希(もり・まき)
医療・教育ジャーナリスト。大学卒業後、出版社に21年間勤務し、月刊誌編集者として医療・健康・教育の分野で多岐にわたって取材を行う。2015年に独立し、同テーマで執筆活動と情報発信を続けている。

睡眠障害治療の新たな幕開け!個人に必要な睡眠の「量」と「質」を決める遺伝子を探せ
インタビュー「睡眠障害治療の最前線」後編:筑波大学国際統合睡眠医科学研究機構・佐藤誠教授

前編『『人間の「脳」は7時間程度の睡眠が必要! 本当のショートスリーパーは100人に1人程度!?』』

ひとくちに睡眠障害といっても、さまざまな症状がある。1990年代後半から脳内に眠気を誘う「睡眠物質」を探す研究にスポットライトが当たり、2018年からは睡眠の質と量を決める遺伝子の解析も進められている。今回は睡眠障害について、筑波大学国際統合睡眠医科学研究機構の佐藤誠教授に話しを聞いた。

Doctors marche アンダカシー
Doctors marche

医療法人社団 三喜会 理事長、鶴巻温泉病院院長。…

鈴木龍太

フリージャーナリスト。1949年、東京都生れ。法…

郡司和夫

小笠原記念札幌病院腎臓内科。日本中毒学会認定クリ…

横山隆