シリーズ「あの人はなぜ死に急いだのか?スターたちの死の真相!」第12回

堀江しのぶ「スキルス性胃がん」卵巣転移のため23歳で夭折した巨乳アイドルのさきがけ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

呟いた最期の言葉は「社長、私、仕事がしたい」!

 堀江しのぶ(本名、同じ)。1965(昭和40)年8月18日 、愛知県清須市生まれ。血液型A型。身長162 cm、体重48 kg、BMI18.3。スリーサイズ89-59-90 cm、カップサイズE。幼少時、麻丘めぐみに憧れ、キュートなお転婆少女は、ラッキー・チャンスを瞬く間に引き寄せる。

 18歳。名古屋経済大学高蔵高等学校在学中、クラリオンガールコンテストで平凡パンチ・アイドル賞を受賞。イエローキャブに所属し、「ビキニ・バケーション/BOY」で歌手デビュー。デビュー後、「歌」か「モデル」か「女優」かの岐路が迫る。21歳、「最近の娘」「さよならのめまい」「風のマドリガル」「瞳で片想い」もヒット。

 22歳、TBS系ドラマ『すてきな三角関係 壁際族に花束を』で麻丘めぐみと宿願の共演を果たす。NHKドラマ『真田太平記』にも出演。『毎度おさわがせします』(TBS)で共演した板東英二や『ザ・テレビ演芸』(テレビ朝日)で共演した横山やすしに娘のように可愛がられる。

 円らな瞳、妖艶な唇、挑発的なセクシー・ボディ。男性の熱視線を浴びるや、一気に人気が過熱。ドラマやバラエティ番組でも艶かしいプロポーションやボイスを披露して大躍進。芸能界垂涎の巨乳ブーム、セクシー・アイコンの火付け役にもなる。

 映画出演は多くない。『ザ・サムライ』(1986年、東映)、『愛しのハーフ・ムーン』(1987年、日活)、『クレイジーボーイズ』(1988年、松竹) の3本。

 しかし、堀江はグラビア撮影に精力的にこなす。豊満可憐なセクシーショットは多い。19歳の初撮り『もっと大胆に、もっとショキングに』から、『SO SEXY』『20歳のわたしをあげる』『しのぶあい』『堀江しのぶ―マドンナメイト写真集』まで9作品にグラマラスなボディを惜しげもなく見せてくれる。
 
 胸が大きい女は売れない。そんな芸能界のジンクスを打ち破り、堀江のグラマラスな魅力をキャッチフレーズに打ち出しつつ、堀江をグラビア・モデルから女優に育て上げた人物がいる。元イエローキャブの野田義治元社長だ。

 野田元社長の証言がある。堀江との出会いは、1983年7月。クラリオンガールの最終選考の20人に残った17歳の堀江に目が留まる(週刊ポスト「堀江しのぶとの破天荒な二人三脚」2016年12月9日号)。

 「過去に夏木マリさんや朝丘雪路さんのマネージャーをしたこともあって、そんな女優さんたちと共通するオーラを感じた。胸が大きいなんてまったく気づかなかった」。水着になるのを躊躇する堀江に水を向ける。「お前は海に行く時に何を着る? 水着だろ。どんな水着だ? セパレーツか。じゃあ、海に行ってビキニでやろう」

 病床を見舞った野田元社長に堀江が呟いた最期の言葉がある。

 「社長、私、仕事がしたい」

 昇天して29年。今も熟女52歳はセクシー・オーラを香水のように振り撒いているだろうか。
(文=佐藤博)

*参考:国立がん研究センター/『病気がみえる vol.1:消化器 』(P116~127)/『内科診断学 第2版』(P850~854)/『消化器疾患ビジュアルブック』(P72~77)/『新 病態生理できった内科学 8 消化器疾患』(P76~79)/『新撰 芸能人物事典 明治~平成』(日外アソシエーツ)/別冊宝島2611『80年代アイドルcollection』ほか。

佐藤博(さとう・ひろし)
大阪生まれ・育ちのジャーナリスト、プランナー、コピーライター、ルポライター、コラムニスト、翻訳者。同志社大学法学部法律学科卒業後、広告エージェンシー、広告企画プロダクションに勤務。1983年にダジュール・コーポレーションを設立。マーケティング・広告・出版・編集・広報に軸足をおき、起業家、経営者、各界の著名人、市井の市民をインタビューしながら、全国で取材活動中。医療従事者、セラピストなどの取材、エビデンスに基づいたデータ・学術論文の調査・研究・翻訳にも積極的に携わっている。

バックナンバー「あの人はなぜ死に急いだのか?スターたちの死の真相!」

インソールで体調が改善、疲れにくく生活が楽になる!運動も楽しめる!
インタビュー「インソールで健康増進&機能アップ」第1回 日本フットケアサービス㈱代表取締役社長 大平吉夫

インソール(靴の中敷き)については、足のニオイ消しや靴のサイズ調整などでこれまでに使った経験がある人は多いだろう。「靴の中に入れるものはすべてインソールなのですが、目的や役割で分類できるんです」と教えてくれるのは、義肢装具士の大平吉夫さん。人の目にさらされる機会がほとんどない、地味な存在のインソールだが、実に多様な機能を発揮しているようだ。大平さんにインソールについて詳しく聞いてみた。

Doctors marche アンダカシー
Doctors marche

大阪市内のクリニック勤務。1987年 産業医科大…

吉田尚弘

精神保健福祉士。フリージャーナリスト。1977年…

里中高志

近畿大学理工学部生命科学科ゲノム情報神経学准教授…

西郷和真