インタビュー「カウンセリングでアトピーを治す!」第1回:須階富士雄医師(芝皮フ科クリニック院長)

アトピー性皮膚炎に心理療法を! 患者の話を聞くだけで完治したケースも

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

日記を書いて「自分」を知ることが改善につながる

 須階医師がセルフケアとして勧めている方法が「日記を書く」こと。1日を振り返って、次の項目を書き留めるとよい。

○何をした後で、どの部分のかゆみが強くなったか
○何を食べた後で、どの部分のかゆみが強くなったか
○どんな天候で、どの部分のかゆみが強くなったか
○どんなときに、どの部分をかきむしっていたか

 「患者さんの中には、これまでどんな治療法で治らなかったのか、大量にレポートを作成しているケースがあります。こうしたレポートはアトピーの改善にほとんど役立ちません。それよりも、普段の生活を見直して自分の弱点を知る、言い換えれば自分で自分に気づくことが有効なのです」
(取材・文=森真希)

newG7A2262.jpg

須階富士雄(すがい・ふじお)
芝皮フ科クリニック院長。 1962年、東京都生まれ。89年、聖マリアンナ医科大学を卒業後、東京慈恵会医科大学皮膚科に入局。東京慈恵会医科大学附属柏病院・町田市民病院での勤務を経て、96年に芝皮フ科クリニックを開院。

森真希(もり・まき)
医療・教育ジャーナリスト。大学卒業後、出版社に21年間勤務し、月刊誌編集者として医療・健康・教育の分野で多岐にわたって取材を行う。2015年に独立し、同テーマで執筆活動と情報発信を続けている。

難治性むちうち症からなぜ多くの不定愁訴がおきてしまうのか?
難治性のむちうち症を改善 後編 東京脳神経センター 整形外科・脊椎外科部長 川口浩医師

前編『画像診断できない難治性のむちうち症を独自の治療法で改善』

原因不明で治療法がなく多くの患者さんが回復をあきらめていた難治性のむちうち症。東京脳神経センターで進む独自の治療で、めまい、動機、吐き気などの全身症状やうつ症状などの不定愁訴が大幅に改善しているという。その具体的な成果についてお話を伺った。

Doctors marche アンダカシー
Doctors marche

医療法人社団 顕歯会 デンタルみつはし 理事長…

三橋純

近畿大学理工学部生命科学科ゲノム情報神経学准教授…

西郷和真

小笠原記念札幌病院腎臓内科。日本中毒学会認定クリ…

横山隆