女性の尿路感染症を防ぐカギは「たくさんの水」米国では患者が年間1000万人以上

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

毎日1.2リットルの水、白湯や青竹踏みも<冷え取り>には有効

 厚生労働省が後援する「健康のため水を飲もう」推進委員会の資料によると、体重が60 キロの成人男性は1日に約2.5リットルの水分を排出している。また、食事で約1リットルの水分を摂取し、体内で約0.3リットルの水分が作られている。以上を計算すると「1日に1.2リットルの水を飲んだほうがいい」という結果が導き出される。

 頻尿などに悩まされている人でも、尿路感染症や脱水を防ぐために1日1.2リットルは水を飲むように心がけたほうがいいだろう。

 ただ、冬場の寒さを考えれば、水の冷たさに過敏に反応して症状が強まる可能性が高い。そこでお勧めしたいのが、「白湯を少量ずつこまめに飲む方法」。保温できる水筒に白湯を入れて持ち歩くと、自分が摂取した水分量の確認もしやすいので便利だ。

 冷え取りという観点では、「青竹踏み」も有効だろう。信州大学医学部の皆川倫範医師らは、朝晩に2分間ずつ青竹踏みをすることで頻尿や尿漏れ、排尿障害の症状が軽減したと発表している。

 温かい水分の摂取も青竹踏みも、お金がかからず、手軽にできる方法だ。尿のトラブルに悩まされがちな人は、これらを試してみてはいかがだろう。
(文=編集部)

難治性むちうち症からなぜ多くの不定愁訴がおきてしまうのか?
難治性のむちうち症を改善 後編 東京脳神経センター 整形外科・脊椎外科部長 川口浩医師

前編『画像診断できない難治性のむちうち症を独自の治療法で改善』

原因不明で治療法がなく多くの患者さんが回復をあきらめていた難治性のむちうち症。東京脳神経センターで進む独自の治療で、めまい、動機、吐き気などの全身症状やうつ症状などの不定愁訴が大幅に改善しているという。その具体的な成果についてお話を伺った。

nobiletin_amino_plus_bannar_300.jpg
Doctors marche アンダカシー
Doctors marche

医療法人社団 顕歯会 デンタルみつはし 理事長…

三橋純

近畿大学理工学部生命科学科ゲノム情報神経学准教授…

西郷和真

小笠原記念札幌病院腎臓内科。日本中毒学会認定クリ…

横山隆