約1割がトイレに行っても手を洗っていない! 感染症を防ぐ「正しい手洗い」とは?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

手を洗いすぎるのも考えもの

 手を洗うことが感染症対策で有効なことは周知の事実だ。多くの感染症は、手を介して体内に侵入することが多い。石けんをつけて手を洗うことで、手についたウイルスや菌が物理的に除去できるため、手洗いが推奨されるわけだ。

 食中毒予防の観点からも、丁寧な手洗い、十分な乾燥、アルコールによる消毒が効果ありとされている(参考:日本食品衛生協会「手洗いマニュアル」

 とはいえ、洗い過ぎは禁物だ。手をはじめとして、人間の皮膚には「常在菌」と呼ばれる菌が存在する。常在菌は、感染症を引き起こす菌(「通過菌」)の増殖を抑えたり、微生物の皮膚への侵入を防ぐ役割をもっている。

 手を洗うと通過菌とともに常在菌も除去されるが、完全にいなくなるわけではない。常在菌は表皮だけでなく毛穴にも住んでおり、手洗いによって表皮の菌が少なくなると毛穴から出てきて、皮膚を守るのだ。

 しかし、過度に手を洗うと、この常在菌までも少なくなり、皮膚が乾燥して肌が荒れてくる。荒れた皮膚は通過菌を留めてしまい、かえって感染症のリスクが高まってしまう。つまり、意識のしすぎも、逆効果になる。

実行可能な「適度な手洗い」とは?

 正しい手洗いの仕方はわかった。洗い過ぎも良くない。かといって、理想の手洗いを毎回しなくてはならないとなると、それがいかに感染予防に効果的とわかっていてもハードルが高い……というのが大抵の人の本音ではないだろうか。

 実際のところ、手洗いは、その時々でやり方が変わる。家の中、トイレの洗面所、外出先。石けんやタオルの有無、時間的余裕などの条件がついてまわるから、いつでも正しい洗い方ができるわけではない。それでも感染リスクを下げようとするならば、タイミングを決め、習慣化していくしかない。

 「世界手洗いの日」のサイト(http://handwashing.jp/)では、こんなときに手を洗おうと言っている。

○家に帰ったとき
○トイレあと
○動物や昆虫にさわったあと
○ご飯を作る前
○食事をする前

 これらのタイミングを外さないよう動線を決める。石けんやタオルを置いて、設備を整える。手触りがいいタオルに変えてみたり、手をかざしただけで泡が出てくるハンドソープ機を使ってみたりして、手洗いが楽しくなるよう工夫する。

 できる範囲で<手洗い>のハードルを下げて、とにかく「続けていくこと」が肝要だ。
(文=編集部)

胃の不快感の多くは実は「機能性ディスペプシア」という病気
日本初の『胃弱外来』開設」後編:巣鴨駅前胃腸内科クリニック・神谷雄介院長

前編『大病院を転々した末にたどり着く「胃弱外来」 初診から約1カ月で8割の患者の症状が改善』

胃痛やもたれ、むかつきなどの症状があっても、検査の結果異常がないと診断され悩みを抱える患者さんが少なくない。こうした胃の悩みを抱える人たちのために開設したのが胃弱外来。患者さんの多くは新しく認知された『機能性ディスペプシア』や『胃食道逆流炎症』などの疾患だ。その具体的な治療法について話を伺った。

Doctors marche アンダカシー
Doctors marche

くにたち駅前眼科クリニック院長。1986年、東京…

高橋現一郎

近畿大学理工学部生命科学科ゲノム情報神経学准教授…

西郷和真

フィットネスアドバイザー。JT東京男子バレーボー…

村上勇