映画『夜間もやってる保育園』〜夜間保育から見えてくる、子育てで大切なもの。

この記事のキーワード : 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

宿泊可能な24時間「夜間保育園」は全国で4カ園のみ

 現在、認可されている夜間保育園は、全国でわずか80数カ園。そのなかでも、宿泊保育が可能な24時間開園は、「全国夜間保育園連盟」に加盟している61カ園のうち4カ園しかない。

 現在、労働者の4分の1が夜間かそれに準じるシフトで働いていると言われるほど「夜型化」したこの国において、なぜ夜間保育園はそれほど少ないままなのだろうか?

 そこには「夜間保育は子どもの心身の発達に悪影響を及ぼし、児童福祉の観点から望ましくない」という根強い誤解があるからだ。

 だが、国立身体障害者リハビリテーション研究所の安梅勅江氏の「夜間保育の子どもへの影響に関する研究」という論文によれば、「子どもの発達状態には、保育の形態や時間帯ではなく、家庭における育児環境、及び保護者の育児の自信やサポートの有無などの要因が強く関連していることが分かった」という。

 つまり、安心できる環境と周囲の愛情が、何よりも大事な要素なのだ。

 同論文は、「夜間保育の子どもに対する影響を本当の意味で明らかにするためには、今後さらに経年的な研究を継続する必要がある」と結んでいるが、『夜間もやってる保育園』に登場する、夜間保育を経験して成長した子どもの健やかな姿が、ひとつの解答を与えてくれている気もする。

 子育てとは何か――を改めて考えるヒントとして、実に貴重な作品だ。
(文=編集部)


yakanhoiku_B5_H1_RGB300.jpg

映画『夜間もやってる保育園』
監督:大宮浩一/企画:片野清美/配給:東風/2017年/111分
©︎夜間もやってる製作委員会
公式サイト:http://yakanhoiku-movie.com/
9月30日より、ポレポレ東中野にてロードショーほか全国順次公開

がんになってもあきらめない妊活・卵巣凍結 費用は卵巣摘出に約60万円、保管は年間10万円
インタビュー「がんでも妊娠をあきらめない・卵巣凍結」後編・京野廣一医師

がん患者への抗がん剤による化学療法は妊孕性(妊娠のしやすさ)を低下させる。がんにより妊娠が難しくなる患者を支援するため、2016年4月に「医療法人社団レディースクリニック京野」が、治療前に卵巣を凍結して保存しておく「HOPE(日本卵巣組織凍結保存センター)」を設立すると発表した――。医療法人社団レディースクリニック京野理事長の京野廣一医師に卵巣凍結の仕組みについて訊いた。
前編『「がん」になっても妊娠・出産をあきらめたくない女性のための「卵巣凍結」とは?』

大阪市内のクリニック勤務。1987年 産業医科大…

吉田尚弘

小笠原クリニック札幌病院腎臓内科。日本中毒学会認…

横山隆

シカゴ大学医学部内科・外科教授兼個別化医療センタ…

中村祐輔