「エアコン」都市伝説を検証 ~「連続運転がお得」「タイマーは身体に悪い」説は本当か

この記事のキーワード : 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

<夜タイマー>は電気代にも身体にも優しくない?

  

 もうひとつ誰もが悩ましく思うものに「暑く寝苦しい夜のエアコンの使い方」があるのではないだろうか?
 
 ダイキン工業の調査によると、エアコンの「一晩中つけっぱなし派」が23.5%に対して「タイマー使用派」は53.1%と約2倍――。

 やはり電気代やエアコンの当たりすぎによる体調不良を心配して、「就寝後にOFF設定」をしている人が多いようだ。しかし同じ調査では、タイマーを使って就寝している人の6割以上が「暑くて夜中に起きてしまう」と答えている。

 実は、夜間は外気温が下がっていても、エアコンをOFFにすると壁や家具からの輻射熱でたちまち室温は上がる。途中、覚醒してエアコンをまたつけて寝ることを繰り返していると、温度変化で身体への負担が大きくなり、翌朝のだるさの原因にもなる。

 またON・OFFの繰り返しでは、前述のように電気料金も上がってしまう。そんな理由から、やや高めの温度設定で一晩中つけていた方が望ましい。 

 ダイキン工業によると、快眠には「温度」だけでなく「湿度のコントロール」も大切だ。一晩中エアコンを使いたい人には、「設定温度を28℃以上」の高めにし、除湿運転で「湿度を50〜60%」に下げることを推奨している。

 そのことで、体を冷やしすぎずに体感温度だけを下げ、汗をしっかり乾かして眠りやすい環境になるという。エアコンの機種によっては湿度設定ができないが、その場合は高めの設定温度で除湿運転をするといいだろう。

 また、エアコンをつけっ放しにしたくない場合は、好みの温度で切りタイマーを就寝後3時間に設定するとよい。そうすれば、入眠直後の深い睡眠が温度変化で邪魔されることがなく2周期(平均1周期90分とされる)確保できるために、前半の深いノンレム睡眠を安定的して取ることができる。

身体に負担をかけない工夫で心地よく

  

 就寝時のエアコンは設定温度以外にも工夫が必要だ。 

 まず大事なのは「身体に直接風を当てない」こと。ごくわずかな風速 0.14m/sのエアコンの風で体動や心拍数の上昇、覚醒頻度が多く、睡眠の質が悪くなったという論文もある。エアコンのフラップ(上下)は一番上を向け、ルーバー(左右)も壁に向けて、風を壁に沿わせるようにするといい。

 扇風機を併用する場合は、壁に向けて首を振らせず固定すると良い。部屋の周囲に空気の流れを作ることで身体にかすかな風を感じ、冷えすぎることなく涼しさを感じることができる。

 また、服装も大切。汗の蒸発で身体の表面が冷えすぎないよう半袖・短パンではなく、吸湿性に優れた長袖・長ズボンのパジャマを着用するようにしよう。

 まだまだ続きそうな暑さに負けず、元気に快適に過ごすためにも、エアコンを賢く利用するようにしたい。
(文=編集部)

難治性むちうち症からなぜ多くの不定愁訴がおきてしまうのか?
難治性のむちうち症を改善 後編 東京脳神経センター 整形外科・脊椎外科部長 川口浩医師

前編『画像診断できない難治性のむちうち症を独自の治療法で改善』

原因不明で治療法がなく多くの患者さんが回復をあきらめていた難治性のむちうち症。東京脳神経センターで進む独自の治療で、めまい、動機、吐き気などの全身症状やうつ症状などの不定愁訴が大幅に改善しているという。その具体的な成果についてお話を伺った。

nobiletin_amino_plus_bannar_300.jpg
Doctors marche アンダカシー
Doctors marche

一般社団法人日本薬業研修センター漢方講座執筆・編…

笹尾真波

新宿大腸クリニック院長。1988年、東京大学医学…

後藤利夫

小笠原記念札幌病院腎臓内科。日本中毒学会認定クリ…

横山隆