病気にも<人種差>~ 日本人は糖尿病リスク! 「BMI値」は万能ではなかった?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

リスク因子にも顕著な「人種差」が

 その結果、適正体重同士間の比較においても、次のような顕著な「人種差」が浮き彫りになった。

 具体的には、白人層に比べて「心血管代謝異常」の有病率が、南アジア系では約2倍にものぼり、次いでヒスパニック系が約80%高く、黒人層や中国系では約50%高いという傾向が明らかになった。

 報告の筆頭著者であるUnjal Gujral氏(エモリ―大学・博士研究員)は、こう補足する。「今回の知見でみられた人種差は、人口動態や地理的な条件、健康への意識や行動、体脂肪などの違いによっても説明できなかった」。

 そして、今回の研究を指導した立場から、UCSF教授のAlka Kanaya氏は、論文のなかで次のように述べている。

 「人種的/民族的少数派の場合、その特性自体が心血管代謝に影響を及ぼすリスク因子である可能性が示唆された。その点について患者自身はもちろんのこと、医療従事者がもっと目を向けるべきであり、今回の成果がその契機になるものと期待している」

 一方、日本人を含む東アジア系民族の場合、インスリン感受性は良好なのだが、インスリン分泌能は低い傾向がある――。北里大学や他国大学の共同研究による、そんな報告が発表されたのは3年半ほど前のこと。

 とりわけ日本人は一般体重をわずかにオーバーしただけでもインスリン感受性が低下し、2型糖尿病発症のリスクが上昇するというものだった。

 なにやら素人実感では、「そんな『人種差』が判明したのもつい最近のことなの!?」とか思えなくもないが、その微妙にして曖昧な難儀性こそが「心血管代謝異常」の厄介な正体なのだろう。
(文=編集部)

幹細胞治療でCOVID-19の重症化抑制と予防の可能性
『新型コロナに対する幹細胞治療が注目』後編  スタークリニック院長竹島昌栄医師

前編『新型コロナ治療の救世主となるか 幹細胞治療の成果に注目』

いまだ世界的に猛威を振るう新型コロナウイルス。その治療薬やワクチン開発が進む中、注目を集めているのが幹細胞による治療だ。幹細胞治療に詳しいスタークリニックの竹島昌栄院長に話を聞いた。

nobiletin_amino_plus_bannar_300.jpg
Doctors marche アンダカシー
Doctors marche

(医)スターセルアライアンス スタークリニック …

竹島昌栄

ジャーナリスト、一般社団法人日本サプリメント協会…

後藤典子

大阪大学大学院言語文化研究科教授。米国ウィスコン…

杉田米行