全国初! がん探知犬によるがん検診~試験管に入った尿を嗅ぎ分け判定

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

がん探知犬1頭に3年!コスト500万円!トレーナーの不足も

 ただ、課題は少なくない。

 たとえば、がん探知犬は、犬種によって探知能力に個体差があるので、1日にこなせる検査数は限られることから、一度に50人〜100人もの識別が正確かつ迅速にできるか分からない。

 がん探知犬は、遺伝的な要因や性格が異なるので、個体数を計画的・合理的に養成しにくい。才能や素質が優れていても、専門的な訓練を行える専任トレーナーも少ない。しかも、最大の難題は、がん探知犬の育成に1頭当たり500万円ものコストと、およそ3年の時間を要する点だ。

 しかし、がんの臭いは、尿の他、呼気・汗・唾液・血液などにも含まれ、がんのある部位によって異なる。がん探知犬は、人間の嗅覚よりも100万倍~1億倍もの高い嗅覚能力を備えているため、わずかな臭いの差異や、かすかな残臭を嗅ぎ分けている厳然たる事実は揺るがない。

 盲導犬、救助犬、警察犬、麻薬探知犬など、犬は驚異の天才的な嗅覚能力を活かし、視覚障害者のアシスト、災害・事故による被害者や行方不明者の捜索・救助、被疑者の特定・逮捕など、様々な分野で大活躍している。

 日本医科大学の研究グループによると、がん細胞が増殖すると、がん細胞内のタンパク質が変質するため、揮発性の有機化合物(VPCs)が産生され、発症の早期に尿中、血液中、呼気に排出される。がん探知犬が嗅ぎ分ける揮発性の有機化合物(VPCs)をより精確に特定する解析技術や解析センサーの開発が喫緊の研究テーマだと指摘する。

 がん探知犬によるがん検診が、今後どこまで普及するのか興味は尽きない。
(文=編集部)

難治性むちうち症からなぜ多くの不定愁訴がおきてしまうのか?
難治性のむちうち症を改善 後編 東京脳神経センター 整形外科・脊椎外科部長 川口浩医師

前編『画像診断できない難治性のむちうち症を独自の治療法で改善』

原因不明で治療法がなく多くの患者さんが回復をあきらめていた難治性のむちうち症。東京脳神経センターで進む独自の治療で、めまい、動機、吐き気などの全身症状やうつ症状などの不定愁訴が大幅に改善しているという。その具体的な成果についてお話を伺った。

Doctors marche アンダカシー
Doctors marche

医療法人社団 顕歯会 デンタルみつはし 理事長…

三橋純

近畿大学理工学部生命科学科ゲノム情報神経学准教授…

西郷和真

小笠原記念札幌病院腎臓内科。日本中毒学会認定クリ…

横山隆