「不眠になりやすい遺伝子」を発見! ぐっすり眠るにはDHAでコントロール?

この記事のキーワード : 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

今夜のあなたの快眠のために……

 さて、今夜のあなたの快眠のために一言、二言、三言。

 「毎晩眠りにつくたびに私は死ぬ。そして翌朝目を覚ます時、生まれ変わる」――マハトマ・ガンジー

 「睡眠が不足すると、レプチンという食欲を抑制するホルモンの分泌が悪くなり、グレリンという食欲を促進するホルモンが分泌されるので、肥満になりやすい。メタボ、高血圧、糖尿病のリスクも高まる」――井上雄一

 「あぁ、休みをとりたいなぁと思ったら、その仕事はあなたに合っていない。理想的な仕事とは、仕事と休みの区別がつかない。睡眠時間が短ければ、ライバルに勝つチャンスも増える。私のやり方は非常にシンプルでストレートだ。求めるものを手に入れるためには押し、押し、押しの一手だ」――ドナルド・トランプ
(文=編集部)

難治性むちうち症からなぜ多くの不定愁訴がおきてしまうのか?
難治性のむちうち症を改善 後編 東京脳神経センター 整形外科・脊椎外科部長 川口浩医師

前編『画像診断できない難治性のむちうち症を独自の治療法で改善』

原因不明で治療法がなく多くの患者さんが回復をあきらめていた難治性のむちうち症。東京脳神経センターで進む独自の治療で、めまい、動機、吐き気などの全身症状やうつ症状などの不定愁訴が大幅に改善しているという。その具体的な成果についてお話を伺った。

Doctors marche アンダカシー
Doctors marche

医療法人社団 顕歯会 デンタルみつはし 理事長…

三橋純

近畿大学理工学部生命科学科ゲノム情報神経学准教授…

西郷和真

小笠原記念札幌病院腎臓内科。日本中毒学会認定クリ…

横山隆