「不眠になりやすい遺伝子」を発見! ぐっすり眠るにはDHAでコントロール?

この記事のキーワード : 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

今夜のあなたの快眠のために……

 さて、今夜のあなたの快眠のために一言、二言、三言。

 「毎晩眠りにつくたびに私は死ぬ。そして翌朝目を覚ます時、生まれ変わる」――マハトマ・ガンジー

 「睡眠が不足すると、レプチンという食欲を抑制するホルモンの分泌が悪くなり、グレリンという食欲を促進するホルモンが分泌されるので、肥満になりやすい。メタボ、高血圧、糖尿病のリスクも高まる」――井上雄一

 「あぁ、休みをとりたいなぁと思ったら、その仕事はあなたに合っていない。理想的な仕事とは、仕事と休みの区別がつかない。睡眠時間が短ければ、ライバルに勝つチャンスも増える。私のやり方は非常にシンプルでストレートだ。求めるものを手に入れるためには押し、押し、押しの一手だ」――ドナルド・トランプ
(文=編集部)

がんになってもあきらめない妊活・卵巣凍結 費用は卵巣摘出に約60万円、保管は年間10万円
インタビュー「がんでも妊娠をあきらめない・卵巣凍結」後編・京野廣一医師

がん患者への抗がん剤による化学療法は妊孕性(妊娠のしやすさ)を低下させる。がんにより妊娠が難しくなる患者を支援するため、2016年4月に「医療法人社団レディースクリニック京野」が、治療前に卵巣を凍結して保存しておく「HOPE(日本卵巣組織凍結保存センター)」を設立すると発表した――。医療法人社団レディースクリニック京野理事長の京野廣一医師に卵巣凍結の仕組みについて訊いた。
前編『「がん」になっても妊娠・出産をあきらめたくない女性のための「卵巣凍結」とは?』

フリージャーナリスト。1949年、東京都生れ。法…

郡司和夫

小笠原クリニック札幌病院腎臓内科。日本中毒学会認…

横山隆

近畿大学理工学部生命科学科ゲノム情報神経学准教授…

西郷和真