精神疾患で辞めた社員が「ブラック企業を返り討ち」~辞められない雰囲気に一石を投じる!

この記事のキーワード : 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

辞められない雰囲気が蔓延しかねない

 今回は男性側の勝訴となったが、もし男性の訴えがしりぞけられていたとしたらどうだろう? そのような事例が当たり前になったら、労働者は業務のために精神疾患を負っても、会社から訴えられるのを恐れて辞めたくても辞められない雰囲気が世の中に蔓延しかねない。

 実際にネットで「辞めさせてもらえない」などと検索すると、多数の実例や法律相談がヒットする。なかには「いま辞めるなら損害賠償を起こす」と脅されるケースもあるようだ。

 労働者には仕事を選ぶ権利があると同時に、辞める権利も当然認められている。実際に、民法の627条の1項には次のように定められている。

 「当事者が雇用の期間を定めなかったときは、各当事者は、いつでも解約の申し入れをすることができる。この場合において、雇用は、解約の申入れの日から二週間を経過することによって終了する。」

 もし入社時に交わした契約書によって雇用期間が定められている場合でも、「やむを得ない事由」があれば辞職できる。過労により健康状態が悪化している場合は、「やむを得ない事由」とするのは法律的にも容易なはずだ。

 確かに、客観的にはその通りだが、言うは易く行うは難し――社会的な批判も浴びた電通の過労自殺のように、人は追い詰められると「会社を休む」「転職する」などの冷静な対処ができなくなる。

<脅し>がまかり通る社会を変えろ!

 正常な判断力や気力、体力さえ奪われてしまうのが、過重労働の恐ろしさだ。退職後の労働者に対して、不当な損害賠償を請求するような<脅し>がまかり通る社会が醸成されれば、ますます冷静な判断が鈍るに違いない。

 そもそも会社側が損害賠償請求した1200万円の根拠が不明だが、仮に労働者のやめる権利を侵害する脅迫じみた訴えだととすると、今回の判決は、そこに一石を投じた貴重なものといえる。

 政府は、罰則付きの残業時間の上限規制導入や、正社員と非正規労働者との不合理な差をなくす「同一労働同一賃金」の実現を盛り込んだ「働き方改革」を2019年度に導入する予定だ。

 「抜け穴」もあり、効果は限定的との見方も多いが、働きやすい社会の実現に向けて注視していきたい。
(文=編集部)

睡眠障害治療の新たな幕開け!個人に必要な睡眠の「量」と「質」を決める遺伝子を探せ
インタビュー「睡眠障害治療の最前線」後編:筑波大学国際統合睡眠医科学研究機構・佐藤誠教授

前編『『人間の「脳」は7時間程度の睡眠が必要! 本当のショートスリーパーは100人に1人程度!?』』

ひとくちに睡眠障害といっても、さまざまな症状がある。1990年代後半から脳内に眠気を誘う「睡眠物質」を探す研究にスポットライトが当たり、2018年からは睡眠の質と量を決める遺伝子の解析も進められている。今回は睡眠障害について、筑波大学国際統合睡眠医科学研究機構の佐藤誠教授に話しを聞いた。

Doctors marche アンダカシー
Doctors marche

医療法人社団 三喜会 理事長、鶴巻温泉病院院長。…

鈴木龍太

フリージャーナリスト。1949年、東京都生れ。法…

郡司和夫

小笠原記念札幌病院腎臓内科。日本中毒学会認定クリ…

横山隆