子どもにスマホ・PCを制限すべき理由~テレビやスマホ依存で糖尿病リスクが増加

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

<スクリーンタイム>は男子のほうが長い

 この研究では、参加した子どもの約3分の1(37%)が、テレビの視聴やPCなどの電子機器の使用に費やす時間は「1時間未満」で、28%は「1~2時間未満」、13%は「2~3時間未満」、18%は「3時間以上」と回答した。

 こうした<スクリーンタイム>は、女子より男子で長く、白人や南アジア系よりもアフリカ系やカリブ海系の子どもで長くなる傾向がみられた。

 また、スクリーンタイムが1日1時間未満の子に比べて、3時間以上の子では肥満度や皮下脂肪厚、脂肪量指数が高く、レプチン濃度やインスリン抵抗性も高かった。

 レプチンは、食欲のコントロールやインスリン抵抗性に関連するホルモンだ。また、インスリン抵抗性との関連は、家庭の経済状況や身体活動量などのほかの糖尿病リスク因子とは独立して認められた。

ライフスタイルの激変で計り知れない影響が

 今回の研究報告は因果関係を証明するものではないが、近年では子どもがスマホやPCの使用機会が増えており、公衆衛生の観点からも重要な意味をもつ。

 これまでにもスマホやPCの使用時間と健康への悪影響は指摘されている。

*関連記事「現代人の『めまい』は首が原因? スマホやPCの長時間使用で『頚部』に大きな負担」「ベッドの中でスマホを見続けて<スマホ失明>!? 急増する若者の<スマホ老眼>が進むと……」「テレビの見過ぎで『エコノミークラス症候群』に! 死亡リスクは最大2.5倍にも!」「スマホで肥満になるワケは…… 仇になったドリンクとスナック菓子の相性のよさ」

 デジタルデバイスの利便性と引き換えにライフスタイルを激変させた人類が、今後どんな影響を受けるのか計り知れない。
(文=編集部)

難治性むちうち症からなぜ多くの不定愁訴がおきてしまうのか?
難治性のむちうち症を改善 後編 東京脳神経センター 整形外科・脊椎外科部長 川口浩医師

前編『画像診断できない難治性のむちうち症を独自の治療法で改善』

原因不明で治療法がなく多くの患者さんが回復をあきらめていた難治性のむちうち症。東京脳神経センターで進む独自の治療で、めまい、動機、吐き気などの全身症状やうつ症状などの不定愁訴が大幅に改善しているという。その具体的な成果についてお話を伺った。

nobiletin_amino_plus_bannar_300.jpg
Doctors marche アンダカシー
Doctors marche

医療法人社団 顕歯会 デンタルみつはし 理事長…

三橋純

近畿大学理工学部生命科学科ゲノム情報神経学准教授…

西郷和真

小笠原記念札幌病院腎臓内科。日本中毒学会認定クリ…

横山隆